1. TOP
  2. ヘアケア
  3. 急増する若白髪の原因と根本から改善するための7つの方法

急増する若白髪の原因と根本から改善するための7つの方法

20代、30代で白髪が増えてしまうと、老けた印象になってしまって辛いですよね。

「同年代の人の髪は真っ黒なのに、なんで私だけ・・・」

と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな若白髪が増えてしまう原因と改善方法についてご紹介していきます。

なるべく白髪染めに頼らず、根本から改善する方法を厳選しましたので、ぜひ参考にしてください。

 

白髪ができるメカニズム


髪の色を決めるのは、髪の根っこの部分である毛球部にある色素形成細胞(メラノサイト)が作り出すメラニン色素です。

この色素が毛球部から髪の毛に送られることで、黒髪は作られていきます。

白髪になってしまうのは、メラニン色素を作る機能が何らかの原因によってストップしてしまうからだと考えられています。

 

若白髪になってしまう原因

遺伝

若いうちに白髪が増えてしまう原因として考えられるのは、遺伝的な要素です。

両親が若いうちに白髪が増えている場合、その子供もある程度の確率で若白髪になってしまうと考えられます。

ただし、遺伝的に白髪になりやすくても頭皮環境を改善したり生活習慣を見直すことで白髪が改善する可能性があります。

「私は遺伝のせいで若白髪なんだ」と諦めず、自分ができる対策を行っていくのがおすすめです。

 

食生活の乱れ

基本的に髪の毛は食べ物から作られます。

そのため、過度のダイエットで栄養が少なくなったり、コンビニ食やジャンクフードなどを多く食べていると髪に必要な栄養が足りなくなってしまいます。

その結果、白髪が増えてしまったり、抜け毛や薄毛につながってしまいます。

栄養バランスの取れた食事をきちんと摂ることが若白髪を改善するためのポイントです。

 

過度のストレス

過度のストレスがかかると、自律神経のうち交感神経が優位になります。

交感神経優位になると血管が収縮し、頭皮の血行が悪くなって栄養が髪の毛に十分届かない状態になります。

黒髪を作るメラノサイトはミネラルによって作られるため、栄養が髪の毛に届かないとメラノサイトが作られずに白髪になってしまうのです。

 

頭皮の状態が不健康になっている

シャンプーの際に爪を立ててゴシゴシ洗っていたり、すすぎが不十分でシャンプーかすが残っていたりすると、頭皮環境が悪化して白髪の原因になる可能性があります。

頭皮は健康な髪を作る土台となる部分なので、頭皮が健康な状態になっていないと健康な髪は生えてきません。

シャンプーの方法の他にも、刺激が強いシャンプーで頭皮を傷めていることも原因として考えられます。

 

若白髪を改善するための7つの方法

白髪予防と発毛促進に効果のある栄養素を摂る


白髪予防のためにまず意識したいのは、栄養バランスの取れた食事です。

特に必須ミネラルに分類される「銅」「鉄」は、髪の黒色を作るメラノサイトの働きに関与している可能性がある栄養素だと言われているため、積極的に摂りましょう。

銅が多く含まれる食材
イカ、タコ
アーモンド、カシューナッツ
大豆、そらまめ
鉄が多く含まれる食材
ひじき、岩のり
大豆、いんげん豆

また、髪が生えるためのたんぱく質構成に必要な「亜鉛」も大事です。

亜鉛が多く含まれる食材
カキ
牛肉

▼こちらの記事でも、髪に良い食べ物についてまとめています。

 

正しい睡眠と適度な運動を行う


メラニンの生成には質の良い睡眠が欠かせません。

髪が生まれ変わるのが最も活発になるのが、22時~2時ごろだと言われているからです。

その時間帯に睡眠していることで、メラニンの生成が活発になって黒髪が作られます。

また、夜にしっかり眠るためには適度な運動も重要です。

ヨガやジムでの運動でなくても、子供を公園に遊ばせに行ったり買い物に歩いて出かけることで適度に身体を動かすことが大事になります。

 

ストレスを溜め込まないようにする


ストレスを溜め込まないことも若白髪の改善には大事です。

特に子供が小さいときはイライラやストレスが溜まりやすいと思いますが、

  • 「頑張りすぎない」
  • 「完璧主義にならない」

ということを意識してもらうと気持ちが楽になってくると思います。

たまには旦那さんに子供を預けて、カフェでゆっくりしたりマッサージを受けるのもおすすめです。

自分なりのストレス発散法を見つけると、ストレスが溜まりにくくなりますよ。

 

白髪は抜くのではなくカットする


「白髪を見つけたらとにかく抜く!」という人も多いと思いますが、白髪は抜かないほうが良いです。

通常、1つの毛穴から2~3本の髪が生えているため、白髪を抜いてしまうと他の毛も抜けてしまう可能性があるからです。

また、白髪を抜くと毛穴を傷つけることにもつながってしまうため、後から生えてくる髪に悪影響があります。

白髪は抜くのではなく、根元付近をはさみでカットするようにしましょう。

 

頭皮マッサージを行って頭皮の血行を促進する


頭皮が固くなって血行が悪い状態になっていると、髪に必要な栄養が十分送られずに白髪の原因になってしまうことがあります。

頭皮マッサージを行うことによって、頭皮の血行が改善して若白髪の改善が期待できます。

おすすめなのは、シャンプーをしているときに頭皮マッサージを行うことです。

お湯で暖めることで頭皮の血管も広がっているので、頭皮マッサージの効果が出やすいんです。

指の腹を使って頭皮をゆっくり動かすようにマッサージをしてみましょう。

▼もっと詳しく頭皮マッサージの方法を知りたい人はこちらの記事も読んでみてください。

 

頭皮の血行促進効果のあるスカルプローション(育毛剤)を使用する


頭皮の血行をより促進させたいのであれば、シャンプー後にスカルプローションをつけてもう一度マッサージをしましょう。

スカルプローションには血行を促進させる有効成分が入っているものがあるため、頭皮環境を整えて白髪を予防したい人にもおすすめなんです。

最近では男性用だけでなく、ホルモンバランスの変化に対応した女性用の育毛剤も多く販売されているため、ぜひ一度試していただければと思います。

 

若白髪が根本から改善しないのであれば白髪染めもおすすめ


上記の改善策を行っても白髪が思うように改善しない場合、白髪染めで染めるのもおすすめの方法です。

市販の白髪染めもありますが、髪の傷みやムラなく仕上げることを考えるとサロンの白髪染めの方が無難でしょう。

また、最近では気になる部分に手軽に使える「ヘアマニキュアタイプ」や、トリートメントにカラー剤が含まれている「ヘアカラートリートメント」も販売されています。

白髪染めよりもお手軽に行えるため、「一部分だけ白髪を隠したい」というのであれば一度試してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は若白髪が増える原因と改善する方法について紹介させていただきました。

20代、30代で白髪が増えてしまう原因には遺伝的な要素もありますが、それよりも生活習慣や間違ったヘアケアが原因になっていることが多いです。

「若白髪になってしまった=白髪染め」ではなく、まずは食生活の見直しスカルプローションを使った頭皮マッサージなどを行い、若白髪を根本から改善していきましょう。

あなたが艷やかな黒髪を取り戻し、若々しい印象になれることを願っています。

▼こちらの記事では、ヘナによる白髪染めについて詳しく解説しています。

\ SNSでシェアしよう! /

主婦デレラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

主婦デレラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

主婦デレラ編集部

主婦デレラ編集部

主婦デレラ編集部は、20代~40代の女性ライター集団です。

主婦ライターも在籍しており、女性目線で役に立つ美容情報を提供できるよう心がけています。

【ライターから一言】
「主婦の『キレイ』を叶える」をモットーにして、ユーザーのために健全でためになる情報を発信していきます。

Facebookページに「いいね!」して頂けると記事の更新情報が届きます。よろしければぜひ。

関連記事

  • 【保存版】髪の艶は食べ物で決まる!髪にいい食べ物&レシピ37選

  • 髪にもUVケアは必要!?髪の紫外線対策とおすすめのケア方法まとめ

  • 渡辺直美のツヤ髪の秘訣はシャンプーにあり?おすすめアイテムまとめ

  • トリートメントを使って憧れの艶髪へ!効果的な使い方5つのポイント

  • 【あなたのシャンプー間違ってる!?】正しいシャンプーのやり方まとめ

  • 【美容師が徹底解析】haruシャンプーを実際に使ってみた口コミ効果