1. TOP
  2. ヘアケア
  3. 憧れのサラツヤ髪になれる!おすすめのストレートヘアアイロン15選

憧れのサラツヤ髪になれる!おすすめのストレートヘアアイロン15選

 2017/12/29 ヘアケア
この記事は約 18 分で読めます。 862 Views

朝の寝ぐせを直すときの強い味方といえば、強い熱で髪のくせを真っ直ぐにしてくれるストレートヘアアイロンですよね?

様々なメーカーからヘアアイロンが販売されていますが、
色々と種類がありすぎて正直どれを選べばいいか分からなくなってしまいます。

今回の記事では、憧れのサラツヤ髪になれるおすすめのストレートヘアアイロン15選を紹介します!

ヘアアイロンを選ぶときのポイントも合わせて紹介していますので、
これからヘアアイロンを購入しようと思っている方は参考にして下さい。

 

失敗しないヘアアイロンの選び方

1.細かい温度調整ができる

髪質によってクセがついた髪がまっすぐになる温度は異なりますが、おおむね160~180℃でクセがまっすぐになると言われています。

低温で何度もヘアアイロンで髪を伸ばすより、高温で一気に髪を伸ばしてしまったほうが髪は傷みにくいです。

最低でも、120~180℃くらいの温度調整ができるヘアアイロンを選びましょう。

 

2.プレートの素材

  メリット デメリット
チタニウム
(チタン)
摩擦が少なく、髪を伸ばしたときに傷みにくい。丈夫である。 3つの中で最も素材の価格が高い。
セラミック 熱伝導率が高く、電源を入れてから高音になるまでが早い。 仕上がりのツルツル感、指通りの滑らかさが劣る
テフロン 髪への摩擦がチタンよりも少なく傷みにくい。 コーティングが剥がれやすい。

ヘアアイロンのプレート素材には、大きく分けて3つの種類があります。それぞれ特徴が異なりますので、1つづつチェックしていきましょう。

それぞれメリットとデメリットがありますが、おすすめはチタンのプレートを使ったヘアアイロンです!

髪への摩擦が少なく、素材の丈夫さもあるので買い替えの頻度が少なくて済みます。

多少値段が上がってしまうのがネックですが、何度も買い換えることを考えれば1つ良いものを購入したほうが最終的にはお得になります。

 

3.プレートの幅

プレートの幅によって、扱いやすい髪の長さが異なります。

一般的に、髪の長い人はプレートの幅が広いアイロンが扱いやすく、髪が短い人はプレートの幅が狭いアイロンが扱いやすいです。

自分の髪の長さに合わせてヘアアイロンのプレートの幅を選ぶと良いでしょう。

 

ショート 19mm未満
ミディアム 25mm前後
ロング 30mm以上

 

おすすめのストレートヘアアイロン15選

HAIRBEAURON(ヘアビューロン)ストレート


ヘアビューロンは、リュミエリーナが販売しているストレートアイロンです。

プレートにはセラミックを使用していますが、特殊な加工によって伸ばした髪がパサついたり傷んだりするのを防いでくれます。

ヘアアイロンの価格は上がってしまいますが、とにかくキレイな仕上がりを求めている方にはおすすめなヘアアイロンになります。

リュミエリーナ独自の「バイオプログラミング」という技術により、従来のヘアアイロンに比べて髪のタンパク質変性を防ぐことが可能になっています。

くせの少ない髪であれば、なんと40℃でもストレートになるというから驚きです!

ただし、デメリットはその価格ですね。。。

使いやすさや髪の仕上がりは申し分ないのですが、37,800円(税込)をヘアアイロンに出せるかどうかはお財布と相談する必要がありそうです。

 

製品名  ヘアビューロン ストレート
価格  37,800円(税抜)
温度調整  40~180℃
プレートの素材  セラミック
プレートの幅  20mm
備考 バイオプログラミングによる毛髪保護効果

 

サロニア ストレートヘアアイロン


サロニアから販売されているストレートヘアアイロンです。

特徴としては、圧倒的なコストパフォーマンスが挙げられます。

高価なチタニウムプレートを使っているにも関わらず、税込3,218円という価格になっているんです。

楽天やAmazonなどの通販サイトでも常に人気となっている理由がこのコストパフォーマンスだといえるでしょう。

コスパだけでなく、120~230℃まで温度調整ができる点や、
プレート幅24mmでどんな長さの髪の方でも使えるのも魅力です。

大きなデメリットはないのですが、挙げるとすれば置いたときの安定性のなさですね。

高温のまま転がってしまうと危ないので、ヘアアイロンを一度置く場合はタオルなどを下に敷いたほうがよいでしょう。

 

製品名  サロニア ストレートヘアアイロン
価格  3,210円(税込)
温度調整  120~230℃
プレートの素材  チタニウム
プレートの幅  24mm
備考  Amazonでベストセラー1位

 

アレティ ストレートヘアアイロン


アレティストレートヘアアイロンは、海外のヘアサロンでも使われるプロ仕様のストレートヘアアイロンです。

大きな特徴としては、温度が上がる早さです。

プレートに熱が伝わりやすいセラミックを使っているため、スイッチを入れてから170℃に達するまでに30秒しかかからないというから驚きです!

朝の忙しいときには助かりますね。

設定温度も80~200℃まで5℃刻みで調整できるので、
自分の髪質に合った温度でセットをすることができます。

デメリットとしては、プレートの幅が20mmしかないため、
ミディアムやロングヘアの方は伸ばすときにちょっと大変な点ですね。

ショートヘアの方は扱いやすいためおすすめです!

製品名  アレティ ストレートヘアアイロン
価格  14,800円(税込)
温度調整  80~200℃
プレートの素材  白:セラミックコーティング
黒:チタニウムプレート
プレートの幅  20mm
備考  170℃まで加熱されるのにわすか30秒

絹女~Kinujo~ ストレートアイロン


絹女~Kinujo~ストレートアイロンは、多くの芸能人やプロの美容師に愛用されているヘアアイロンです。

お値段はかなり高いですが、それに見合った品質を約束してくれるヘアアイロンになっています!

特徴としては、プレートの素材にあります。

フッ素樹脂を布状に加工したものの上にテフロン加工がされており、一般的なアイロンに比べて保湿力が高くなっています。

Kinujoの公式ユーチューブには、霧吹きで水を吹きかけても水が蒸発しない動画がありました!このプレート加工によって、アイロンをしても髪が傷みにくくなっているんです。

その他にも、電源を入れて20秒で180℃まで上がるのですぐに使うことができますし、
使用中に温度が下がることもないようになっています。

温度も130~220℃まで10℃刻みで調整可能ですし、なんとプレート部分を水洗いすることもできるんです!

何度も使っているとプレートが汚くなって髪が傷む原因になるんですが、水洗いできるのであれば安心ですね。

デメリットはほとんどないんですが、やはり気になるのはお値段ですね。

高くても良いヘアアイロンが欲しい人にはおすすめです!

 

製品名  絹女~Kinujo~ストレートアイロン
価格  19,440円(税込)
温度調整  130~220℃(10℃単位で調節可能)
プレートの素材  チタン・シルクプレート
プレートの幅  28mm
備考  シルクプレートで髪内部の水分保持効果あり

 

ADST(アドスト)Premium DS2


ADST Premium DS2は、美容師のサロンワークでも使われているプロ仕様のヘアアイロンです。

主な特徴としては、アイロンのプレートの上と下で素材が違うことです。

上の方は「プレッシャーサークル」という楕円状の溝が入っており、
プレス圧を防ぎながら髪のねじれを直してツヤ感を作ってくれます。

下の方のプレートは「スチームドレイン」という技術を使用しており、
水分を効率良く排出することで髪へのダメージを軽減し、湯気がでるのも防いでくれます。

プレート素材にはアドスト独自の「バイコートS2」という素材を使用しており、
2種類のフッ素樹脂をブレンドした構造になっています。

表面をより滑らかにしたことで髪への負担軽減、アイロン操作をしやすくしています。

また、温度調節に3つのモード(ノーマル・パワー・ダメージ)があり、
髪の状態に合わせて温度を適切に調整してくれます。

プロ仕様で細部までこだわって作られたヘアアイロンなので、
髪の仕上がりやダメージを与えずにスタイリングをしたい方にはおすすめの商品になります。

 

製品名  ADST(アドスト)Premium DS2
価格  25,920円(税込)
温度調整  60~180℃
プレートの素材  バイコートS2(2種類のフッ素樹脂のブレンド)
プレートの幅  25mm
備考  上部プレートの極細サークル模様によって髪のねじれを防いでツヤ感を作る。

 

クレイツ エスペシャルストレートⅡ


クレイツ エスペシャルストレートⅡは、ヘアサロン「AFLOAT」代表である宮村浩気さんがプロデュースしたストレートアイロンになります。

プレートには独自の「クレイツイオンゴールド」を採用しており、滑らかな髪滑りを実現しています。

また、プレートの両脇には「特殊ラバー」がついており、
髪に適度なテンションをかけることで簡単にワンカールのストレートヘアを作ることができます。

温度調整も100~210℃まで12段階の設定が可能で、現在の温度がデジタル表示されるので見やすいデザインになっています。

全体のデザインもオシャレで、使っているだけでテンションが上ってきそうです!

価格と品質のバランスが取れたヘアアイロンになっています。

 

製品名  クレイツ エスペシャルストレートⅡ
価格  9,980円(税込)
温度調整  100~210℃
プレートの素材  クレイツイオンゴールド
プレートの幅  25mm
備考  独自のプレート素材で滑らかな髪滑りを実現

 

Onedam(ワンダム)ストレートアイロン


有名なワンダムのストレートヘアアイロンです。プレートにはセラミックが採用されており、
高い温度上昇力が期待できます。本体重量も0.25kgと軽く、セットのときに腕が疲れてしまうこともありません。

デメリットとしては、温度がダイヤル式なので現在何℃になっているのか分かりづらい点や、特殊な加工などは特にされていない点ですね。

ただ、高いヘアアイロンのように色々な機能がない分、価格は抑えられています。

「髪がまっすぐになって壊れにくいヘアアイロンが欲しい」という方にはこちらのアイロンがおすすめになります。

 

製品名  Onedam(ワンダム)ストレートアイロン
価格  7,980円
温度調整  60~200℃
プレートの素材  セラミック(特殊マイナスイオンプレート)
プレートの幅  25mm
備考  特殊マイナスイオン加工されたプレートにより、艶やかなストレートヘアへ

 

Panasonic ストレートヘアアイロン ナノケア


Panasonicから販売されている、ナノケアのストレートヘアアイロンです。

家庭用家電の最大手であるPanasonicだけあって、やはりヘアアイロンにもこだわった作りになっています。

温度調整は130~200℃まで5段階の調整が可能で、髪の状態に合わせて細かく設定ができます。

また、プレートのどの部分でも温度が一定になる構造になっているため、
温度のムラが起こりづらくしっかりとストレートにすることができます。

ヘアアイロンの先端部分が他のアイロンに比べてスリムになっているため、
アイロンを髪にはさみやすくなっています。デザインも細身でオシャレです!

他にも、プレート表面の「グロスコーティング」によって髪のツヤ、しっとり感、カラーリングの色落ち防止、毛先のまとまり感アップなど様々な効果が期待できます。

Panasonic独自の「ナノイー」がアイロンの先端から放出されることで、
髪に水分を浸透させてキューティクルを引き締める効果もあるんです。

色々な機能がありますが、やっぱり「さすがPanasonic!」と言わせる仕上がりになっています。

価格面でみるともっと安いものもあるんですが、
デザインや仕上がりにこだわるならこちらのナノケアのヘアアイロンはおすすめできますよ!

 

製品名  Panasonic ストレートアイロン ナノケア EH-HS99
価格  8,679円
温度調整  130~200℃
プレートの素材  グロスコーティング
プレートの幅  24mm
備考  Panasonic独自の「ナノイー」により、髪に水分を浸透させる効果あり

 

ヴィーナスタッチ ストレートヘアアイロン


「市販品では満足できないあなたに!」というキャッチフレーズが印象的なこちらのヴィーナスタッチ ストレートヘアアイロンです。

特徴は「ヴィーナスタッチ」という名称にあるように操作がタッチパネル式だということです。

電源を入れたらパネルの蝶のマークにタッチするだけで温度の調整ができます。

ボタンが電源ボタンしかないので、全体的なデザインがスッキリしているのがメリットですね。

プレートには熱伝導率の高いセラミックコーティングを採用し、
温度も90~210℃まで5段階の調整が可能です。

全体的な性能としては他のヘアアイロンとそこまで変わりないかなという印象ですね。

タッチパネル式なのが他のヘアアイロンとは違う点ですが、正直ボタン式でもいいのかなという気はします。

 

製品名  ヴィーナスタッチ ストレートヘアアイロン
価格  10,828円
温度調整  90~210℃
プレートの素材  セラミック
プレートの幅  24mm
備考  タッチパネルで簡単に温度設定が可能

 

アイビル エアーストレートアイロンW


アイビルから販売されているストレートヘアアイロンです。特徴としては、髪にダメージを与えないためにアイロンのサイドから風が噴出される点です。

アイロンの熱によって温度が上がった髪に風を当てることで、髪が冷やされてダメージが軽減されるんです。

また、髪は熱によってキューティクルが開き、冷ますことでキューティクルが閉じてスタイルがキープされます。

アイビルのエアーストレートアイロンWは、アイロンでセットした後のキープ力もアップさせてくれるヘアアイロンなんです。

デメリットとしては、エアーの噴出音がドライヤー並みに大きい点ですね。

また、アイロンを閉じておくストッパーがないので、置いておくときに開きっぱなしになってしまうのもいまいちな点です。

 

製品名  アイビル エアーストレートアイロンW
価格  10,584円
温度調整  160~200℃
プレートの素材  セラミック
プレートの幅  22mm
備考  アイロンの先から風が噴出することで髪のダメージを軽減

 

シルクプロアイロン ラディアント


シルクプロアイロン ラディアントは、業務用のストレートヘアアイロンです。

特徴としては、商品名にもあるようにプレートに「シルクプレート」を採用している点です。

シルクプレートは「Kinujo」のヘアアイロンにも採用されている技術で、テフロンを布状に特殊加工したプレートになります。

水分が蒸発しにくいのが特徴で、ヘアアイロンをしたあとの髪のダメージ・パサつきを防ぐ効果があります。

また、「センサーレス制御機能」を搭載しており、アイロンが220℃になるまでの所要時間がなんと30秒なんです!

他のヘアアイロンとくらべても、温度の上昇はかなり早いですね。

デメリットとしては、やはり業務用ということでその価格ですね。

28mmタイプで20,000円(税抜)、35mmタイプで25,000円(税抜)なので、
高くても質の良いヘアアイロンを求めている方にはおすすめです!

また、カラーがレッドとブラックの2種類しかないので、ちょっと種類が少ないかもしれません。

 

製品名  シルクプロアイロン ラディアント
価格  28mmタイプ:21,600円(税込)
35mmタイプ:27,000円(税込)
温度調整  130~220℃
プレートの素材  シルクプレート(テフロン)
プレートの幅  28mm/35mm
備考  センサーレス制御で220℃まで温度が上がるまで約30秒

 

アゲツヤ チタニウムプロフェッショナルヘアアイロン


アゲツヤ チタニウムプロフェッショナルヘアアイロンは、お手頃価格で購入できるストレートヘアアイロンです。

驚くべきはその価格です!Amazonでチェックしたところ参考価格は2,800円になっていました!
(2017年12月25日に調べたときはセール特価で1,980円になっています!)

この価格であれば、正直失敗してもそれほど気にならないですね。

特徴は、プレートに高価なチタニウムプレートを採用している点です。

この価格でチタニウムプレートなので、メーカーはかなり頑張っているんじゃないかなと思います。笑

ただし、それ以外には目立った特徴はなく最低限の機能を持ったヘアアイロンという感じですね。

価格が安いので、多少の不具合には目をつぶったほうがいいかもしれません。

デメリットとしては、使用していると温度が下がってしまうことがあることや、
アイロンとプレートの間に髪が挟まってしまうことがある点です。

価格が安いので、ある程度のデメリットには目をつぶる必要がありますね。

 

製品名  アゲツヤ チタニウムプロフェッショナルヘアアイロン
価格  3,218円(税込)
温度調整  80~220℃
プレートの素材  セラミック(チタニウム加工)
プレートの幅  25mm
備考  圧倒的なコストパフォーマンス

 

アズスタイル ウルトラセラミックストレートヘアアイロン


アズスタイルのウルトラセラミックストレートヘアアイロンは、美容室でも実際に使われているプロ仕様のストレートヘアアイロンになります。

特徴は、プレートに使われている「ピュアセラミック」です。

通常、チタンやセラミックコーティングの場合、使っているうちに表面が剥がれてきて髪のすべりが悪くなってしまいます。

ピュアセラミックプレートは、コーティングではなくプレートが全てセラミックになっているので、
長期間の使用でもコーティングが剥がれる心配がありません。

また、マイナスイオン発生器を標準装備しており、髪の静電気を減少させてまとまりやすくしてくれる効果があります。

髪の水分を保持する効果があるため、今までのヘアアイロンで髪がパサついてしまった経験がある方におすすめです。

温度調節は60~230℃まで可能です。

電源ONのままで放置すると30分で電源がOFFになる消し忘れ防止機能もついているので、
うっかり電源を消し忘れても心配ありません。

デメリットとしては、デジタルの温度調節が見えにくい点です。

それ以外は比較的高いレベルでまとまっているヘアアイロンだといえます。

 

製品名  アズスタイル ウルトラセラミックストレートヘアアイロン
価格  13,824円(税込)
温度調整  60~230℃
プレートの素材  100%ピュアセラミック
プレートの幅  25mm
備考  100%ピュアセラミックプレートにより、長期間使っても品質の劣化が少ない

 

TIP シェイプアイロンSSストレート


TIPシェイプアイロンSSストレートは、美容室でも使われることが多い業務用のヘアアイロンです。

日本製ということで、作りがしっかりしているのがポイントです。

お値段は多少かかってしまいますが、数年は壊れずに使用できます。

プレートにはアルミGコートプレートという特殊加工がされており、髪の毛の滑りがよく使いやすいです。

機能も目立った特徴はなく、手元のコントローラーで60~180℃の温度管理が可能です。

デメリットとしては、コードの付け根が回らないタイプなことです。

今のヘアアイロンに慣れている方だと、少し使い勝手が悪くなるかもしれませんね。

 

製品名  TIP シェイプアイロンSSストレート
価格  20,460円(税込)
温度調整  60~180℃
プレートの素材  アルミGコートプレート
プレートの幅  25mm
備考  日本製で壊れにくい

 

ヴィダル・サスーン マジックシャイン VSS-9510/KJ


ヴィダルサスーンから新発売された、スチームヘアアイロンです。

水を入れたタンクをアイロンにつけることで、髪へのダメージを軽減してうるおいのある髪を実現します。

プレートにはヴィダルサスーン独自の「シャイニーミラーコーティングプレート」が使用されています。

このコーティングがされていることで、プレート表面の凹凸をなくしてムラのないストレートにすることができるんです。

最高温度は200℃で、4段階の温度調節が可能です。電源の自動OFF機能もついているため、
うっかり電源を消し忘れてしまっても安心です。

デメリットとしては、スチームの水がたれてくることがあることと、
耐久性に不安があることですね。。。火傷をしてしまうこともあるそうなので、注意が必要です!

 

製品名  ヴィダルサスーン マジックシャイン VSS-9510/KJ
価格  15,900円(税込)
温度調整  140~200℃
プレートの素材  シャイニーブラックコーティング
プレートの幅  32mm
備考  スチーム機能により髪へのダメージを軽減してうるおいのある髪へ

 

まとめ

いかがだったでしょうか?市販のアイロンと業務用を合わせて紹介してきましたが、様々な機能をもったヘアアイロンがありましたね。

プロ仕様のヘアアイロンは高価ですが、髪が傷みにくかったり温度が安定していたりと市販のアイロンよりも品質にこだわったものが多いです。

お財布との相談にはなってしまいますが、安いからといって市販のヘアアイロンを購入してしまうと髪が傷んでパサパサになってしまいます。

価格よりも品質にこだわって選んだほうがよいでしょう。

サラサラのストレートヘアを作るのに、ヘアアイロンは欠かせません。

今回の記事を参考に、憧れのサラツヤ髪になれるストレートヘアアイロンを選んでみてくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

主婦デレラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

主婦デレラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

主婦デレラ編集部

主婦デレラ編集部

主婦デレラ編集部は、20代~40代の女性ライター集団です。

主婦ライターも在籍しており、女性目線で役に立つ美容情報を提供できるよう心がけています。

【ライターから一言】
「主婦の『キレイ』を叶える」をモットーにして、ユーザーのために健全でためになる情報を発信していきます。

Facebookページに「いいね!」して頂けると記事の更新情報が届きます。よろしければぜひ。