絶対焼かない!紫外線でシミができる原因と対策方法まとめ

夏が近づいてくると、女性の方々が気になってくるのが紫外線ですよね。

「うっかり日焼けをしてしまった!」
「いつの間にかシミになっていた!」

こんなことに心当たりはありませんか?

なぜ日焼けをするとシミはできてしまうのでしょうか?
そもそも日焼けとは何なのでしょうか?

日焼けでシミができるメカニズムを事前に知っておかないと、間違った日焼け対策をしてしまう可能性もあります。

今回の記事では、紫外線によってシミができるメカニズムと正しい対策方法について紹介します。

うっかり日焼けをしてしまったときのアフターケア方法も紹介していますので、ぜひ参考にして下さいね。

 

日焼けによってシミができてしまうメカニズム

肌が紫外線を浴びるとメラノサイト(色素細胞)が活性化します。

活性化したメラノサイト(色素細胞)によってメラニン色素が過剰に作られるため、シミの元が皮膚の角質層の奥にできてしまいます。

このシミの元となる「メラニン色素を含んだケラチノサイト(角化細胞)」は肌の生まれ変わりとともに肌表面(角層)まで押し上げられていき、沈着してシミとなってしまうのです。

※角化細胞(ケラチノサイト)とは、基底層の細胞分裂によって毎日作られる細胞です。

ケラチノサイトは後から生まれる細胞に押し上げられて、最終的には角質細胞となります。

表皮の角化に関する詳しい情報を知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。

つまり、このようなメカニズムとなります。

紫外線を浴びた肌のメラノサイト(色素細胞)が活性化する。

メラニン色素が過剰に生成される。

メラニン色素とケラチノサイト(角化細胞)が結合してシミの元になる。

シミの元が肌表面(角層)に押し上げられる。

シミになる。

 

そもそも日焼けとは何か?

そもそも日焼けとは何かご存知でしょうか。

日焼けとは、紫外線によって皮膚がダメージを受けて炎症を起こしたり、肌の色が変化したりすることです。

これは肌を紫外線から守ろうとする肌の働きです。

日焼けの症状には肌が赤くなるサンバーンと、肌が黒くなるサンタンの2種類があります。

日焼けは軽い火傷と同じような症状で、細胞を壊したりターンオーバーを遅らせたりと悪い影響が多いです。
 

日焼け以外にもシミの原因はある?

日焼け以外にもシミの原因はあります。

遺伝的要因 雀卵斑(そばかす)
やけど・ニキビ・かぶれなどによる炎症 炎症性色素沈着
女性ホルモンの乱れ 肝斑(※カンパン)

これらも紫外線を受けると色が濃くなることがありますので、紫外線による日焼けを防ぐことが大切です。

 

日焼けによってできるシミの種類

日焼けによってできるシミには2種類あります。

 

老人性色素斑 紫外線によってダメージを受けた肌に、時間の経過とともに現れる薄茶色のシミ
光線性花弁状色素斑 海水浴などで急激に日焼けをしたときに、肩や背中などにできる花びらのような形のシミ

では、このようなシミを作らないためにはどのようにすればよいのでしょうか?

次の項目から、シミを作らないための日焼け対策について詳しく見ていきます。

 

シミを作らないための日焼け対策

シミを作らないためには日焼け対策が不可欠です。

日焼け対策というのは紫外線を浴びるのを防ぐことです。

どうすれば紫外線を浴びるのを防げるのでしょうか。

 

シミを予防するためには、2種類の波長の紫外線をカットする必要がある

シミを予防するのに大切なのは2種類の紫外線を浴びないようにすることです。

紫外線には長い波長のUVA(紫外線A波)短い波長のUVB(紫外線B波)があります。

 

UVA波

UVA(紫外線A波)には次のような特徴があります。

  • 波長が長いので表皮だけでなく真皮まで届く。
  • 雲や窓ガラスを通り抜ける。
  • 赤みや炎症にならない。
  • 肌のハリや弾力を奪ってシミやシワの原因となる。

 

UVB波

UVB(紫外線B波)には次のような特徴があります。

  • 波長が短く表皮に届く。
  • 浴びすぎると赤く炎症を起こす。
  • シミやそばかすの原因となる。

 

肌負担の少ない日焼け止めを2~3時間おきに塗り直す

日焼け止めを塗っているのに日焼けしてしまうことはありませんか?

これは日焼け止めの効果が2~3時間であるのに塗り直しをしていないことが原因かもしれません。

シミの予防には、肌への負担が少ない日焼け止めを使ってこまめに塗り直すのがオススメです。

日焼け止めはSPF15~20、PA+~++で十分効果があります。

SPF値の高いものは肌に負担がかかるので、海水浴などのレジャー以外では避けましょう。

生活シーンに合わせた紫外線防止用化粧品の選び方に関してはこちらの記事を参考にして下さい。

 

日焼け止めを塗る以外のシミ対策

ここからは、日焼け止めを塗る以外のシミ対策に効果がある方法をお伝えします。

 

紫外線対策は1年を通して行う

UVA(紫外線A波)は雲やガラスなどを通過するので、冬の室内でも日焼けの危険性があります。

UVカット効果のある化粧品などを使って肌を守りましょう。

また、曇っていたりそこまで日差しが強くない日でも8~9割の紫外線は地表に到達しています。

曇っていても油断せず、帽子や日傘で紫外線対策をすることが大切です。

 

外出時にはサングラスをかける

日差しの強い時期に気をつけたいのが目の日焼けです。

目が日焼けすると肌にも影響があるのでシミ対策にはサングラスがオススメです。

角膜が紫外線によって炎症を起こすと、それが脳下垂体に伝達されます。

そうすると肌は防衛本能としてメラニン色素を作るので、目が日焼けしただけでも肌に影響を及ぼすのです。

 

UVカット効果のあるウェアを着る

服を着ていれば日焼けをしないというわけではありません。

一般的な衣服は紫外線を通してしまうのです。

最近では様々なメーカーからUVカット効果のある服が売られていますので、外出の際は活用するのも一つの手です。

日差しが強いときにサッと羽織れる長袖のカーディガンが1枚あると便利ですよ。

 

日焼けをしてしまった後のアフターケア方法

うっかり日焼けをしてしまった場合はどのようにすればよいのでしょうか。

日焼け後のアフターケアは、内側と外側の両方からスキンケアを行うのがオススメです。

 

外側からのスキンケア

日焼けのアフターケアで紫外線によるダメージを抑えることができます。

  1. 冷やす
  2. 保湿
  3. 美白化粧品

この3つをおさえておきましょう。

 

日焼けした肌はまず冷やして炎症を沈静化させる

日焼けはやけどの一種で肌が炎症を起こしている状態です。

冷やすことで炎症の進行を止める必要があります。

保冷剤や氷水で冷やした濡れタオルなどで、火照りがおさまるまでしっかり冷やしましょう。

 

刺激の弱い化粧水で保湿をしっかり行う

日焼け後の肌はとても乾燥している状態です。

できれば敏感肌用など負担の少ない化粧水でとにかく保湿していくのが大切です。

潤った状態の肌は細胞が生まれ変わりやすいので、メラニンが排出されやすくなります。

このとき美白化粧品を使うのは、肌に刺激になったり症状が悪化したりするのでひかえましょう。

化粧水の後は乳液などでうるおいを閉じ込めます。

 

肌の状態が落ち着いたら美白化粧品を使う

日焼けをしてから2日ほどたって、肌の状態が落ち着いたら美白化粧品を使いましょう。

美白美容液やシートマスクでシミになるのを予防します。

また、美白化粧水をコットンにしみ込ませて行うコットンパックもオススメです。

 

内側からのスキンケア

日頃から日焼けしにくい肌を作るのも大切です。

日焼け後のアフターケアとしてだけでなく、ターンオーバーを整えておくことがシミを作らないことにつながるのです。

 

ターンオーバーを活性化させる

ターンオーバーとは、肌の細胞が生まれ変わることです。

肌の細胞の生まれ変わりが活発になることで、古い角質とともにシミも自然に剥がれて消えていきます。

ターンオーバーの周期は約28日ですが、年齢を重ねると生まれ変わりに時間がかかるようになります。

このターンオーバーを活性化させるには、生活習慣の改善やバランスの取れた食生活、そして正しいスキンケアが重要です。

 

シミをできにくくする栄養素を摂る

シミをできにくくするにはビタミンミネラルを多く含んだものを摂取するのがオススメです。

以下におすすめの栄養素と働きをまとめましたので、参考にしてみてください。

栄養素 主な食べ物 働き
ビタミンC 赤ピーマン、レモン、キウイフルーツ 活性酸素の働きを抑える。
エラグ酸 イチゴ、パイナップル、ブラックベリー 抗酸化作用、メラニン抑制作用
アスタキサンチン 鮭、エビ、カニ 肌代謝を上げターンオーバーを促す。

 

日常ケアでは間に合わないシミは皮膚科へ相談が必要

シミは皮膚科でも治療ができます。

治療の方法にはレーザー、内服薬、外用薬などがあります。

シミの種類によって用いられる治療法が異なりますので主治医の先生とよく相談するのがいいでしょう。

ちなみに、シミ治療に健康保険は使うことができません。

シミは病気ではないため、シミの存在が健康を害するということはないからです。

全額自己負担の自由診療になってしまうため、医療費の面も確認しておくことをおすすめします。

 

紫外線によるシミに関するQ&A

ここからは紫外線によるシミについての疑問にお答えしていきます。

 

Q.飲む日焼け止めは本当に効果があるの?

飲む日焼け止めには紫外線による細胞の損傷を防ぐ効果がありますが、紫外線そのものを防ぐ効果はありません。

紫外線を防ぐというよりも、塗る紫外線の補助的な役割が大きいです。

日焼け止めの塗り直しが難しいときや、アウトドアで長時間遊ぶ日などに飲むのがおすすめです。

 

Q.ブルーライトはシミの原因になるの?

スマートフォンやPCから発せられるブルーライトは、長時間当てると肌に微弱炎症を起こすと言われています。

ただ、どの程度の光量・時間で影響があるのか人体での確認はできていない状態です。

今後の研究が待たれる分野です。

 

Q.どれくらいの時間、紫外線を浴びるとシミになるの?

再生未来クリニック神戸院長の市橋正光医師らが、「どれくらいの時間紫外線を浴びるとシミができるのか?」についての研究を行っていました。

こちらの記事でその結果が載っているので、興味がある方は読んでみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は紫外線を浴びることによってシミができるメカニズムや対策方法についてご紹介しました。

シミを作らないようにするには日頃のケアでターンオーバーを正常に保つことが大切です。

ターンオーバーが早すぎると角栓の原因にもなりますので食事正しいスキンケアなどで整えていきましょう。

シミは一度できてしまうとなかなか薄くなりません。

今回の記事を参考にして、日頃の日焼け対策を万全にしていきましょう!