【これってヤバイ?】シャンプー・ドライヤー時の女性の抜け毛対策まとめ

シャンプーしている時やドライヤーで髪の毛を乾かしている時に、ふと自分の抜け毛の量に驚いてしまう事はありませんか?

髪の毛は日々抜けるものですが、自分でも驚いてしまうほど大量に抜け毛があるのは少し問題かもしれません。

そこで今回は、シャンプーやドライヤー時の抜け毛が気になる女性のためにその対策方法についてわかりやすくご紹介していきます。

抜け毛が多くて不安になってしまう人はぜひ参考にしてみてくださいね!
 

女性の髪が1日で抜ける平均的な本数

まず最初に、女性の髪の毛が1日で抜ける平均的な本数を調べてみたところ大体50本~100本であることがわかりました。

もちろん個人差があるので抜けにくい人であれば50本以下の場合もありますし、逆に多い人であれば200本近く抜ける場合もあります。

この数字を見て、毎日こんなに抜けているのかと驚いてしまう人もいるかもしれませんが、女性の髪の毛の量の平均は10万本と言われています。

毎日50~100本の抜け毛があったとしても、毛周期(ヘアサイクル)によって常に新しい髪の毛が生み出されているので特に問題はありません!

しかし、平均以上に髪の毛が抜けてしまっているのであれば本来抜け落ちるはずの髪の毛ではなく、必要な髪の毛が抜けてしまっていることも考えられます。

抜けるはずでない髪が抜けてしまうと薄毛につながる危険性があるため、注意が必要です。
 

シャンプー・ドライヤーが一番髪が抜けやすいタイミング!

シャンプーやドライヤーを行っているときは髪の毛を引っ張っていたり、摩擦を引き起こしたりすることが多いです。

1日の中では1番抜けやすいタイミングであると言われています。

また、シャンプーやドライヤーをきっかけとして髪が抜けてしまっているのではなく、すでに抜けている髪の毛が水で洗い流されていたり、髪をとかすことによってブラシに付着することで発覚することもあるんです。

わかりやすく数字で示すのであれば、抜け毛の50%以上はシャンプーもしくはドライヤーを使っている時であると言えます。
 

シャンプーやドライヤーで抜け毛が増えてしまう原因

それでは、さらに具体的にシャンプーやドライヤーで抜け毛が増えてしまう原因をまとめてみたので、参考にしてみてください。
 

頭皮の血行が悪い

男性の場合、男性ホルモンの影響により抜け毛が悪化してしまうことがありますが、女性の場合には、頭皮の血行不良により抜け毛が増えてしまうことがあります。

血行不良を引き起こす原因は、生活習慣の乱れや人間関係によるストレスなど人により様々です。

頭皮の血の巡りが悪くなってしまうと、健康な髪の毛を作るために必要な栄養素が不足してしまうんです。

そんな血行不良を引き起こしている状態の時にシャンプーやドライヤーによって強い力が加わってしまうと、本来抜け落ちる必要のない髪の毛まで抜けてしまうんです。
 

 

ドライヤーの方法が間違っている

高温の風を当てるドライヤーは、使い方を間違えると髪や頭皮に大きなダメージを与えてしまいます。

ドライヤーと髪の距離が近すぎたり、毛先だけを乾かして根元は濡れている状態で終わらせてしまうのも髪に良くありません。

普段行っているドライヤーの方法によって、知らず知らずのうちに抜け毛を増やしている可能性もあるため注意が必要です!  

 

シャンプーの方法が間違っている

少しでも頭皮環境を良くしようとシャンプー時にゴシゴシと洗ってしまう人がいますが、これは抜け毛を増やしてしまうきっかけを作るのでNGです。

確かに頭皮をマッサージしながらシャンプーを行うことにより頭皮環境を改善することができますが、爪を立ててしまったり必要以上に力を加えてしまうと逆に頭皮を痛めてしまう可能性があります。

さらに、シャンプーには洗浄成分として石油系界面活性剤が含まれていることも多く、大量に使うことによって頭皮に負担をかけてしまいます。

シャンプーの仕方、シャンプーの量、シャンプーの種類にもしっかりと気をつけなければいけません。

 

抜け毛を減らすドライヤーのかけ方

ドライヤーのときに抜け毛が多くなってしまうのは、ドライヤーのかけ方が間違っているのかもしれません。

正しいドライヤーの方法を紹介しますので、髪や頭皮にダメージを与えていないかチェックしてみて下さい。

 

ドライヤー前のタオルドライで時間短縮

ドライヤーによる熱刺激を与える時間を短縮させるために、タオルドライで髪の水分を取ってあげましょう。

バスルームを出る前に髪をギュッと絞ってからタオルドライをすると余分な水分を落とせます。

タオルはゴシゴシ髪をこすってしまうと摩擦で傷んでしまうので、ポンポンとたたくように水分を染み込ませるのがポイントです。

 

育毛剤はドライヤー前に使うのが効果的

育毛剤を使うタイミングについてなんですが、浸透力がアップするのは頭皮が湿った状態のときです。

洗顔後の化粧水のような感覚で、タオルドライをした後の習慣にすると良いでしょう。

付け方に関しては、指で髪の分け目を作るようにして頭皮全体に直接塗布していけばOK。

マッサージをしながらなじませれば成分の浸透も良くなり、頭皮の血行改善効果もあるため一石二鳥です!

 

一番乾きづらい髪の根元から乾かす

ドライヤーで髪を乾かす時は、一番乾きにくい「根元」を意識するのがポイントです。

最初はHOTの強風を使い、髪をかき上げて根本を露出させながら乾かしていきましょう。

 

ドライヤーは常に動かして1箇所に熱を当てない

ドライヤーをかけるときのポイントとしては、一箇所に風を当て続けないことです。

髪の温度が高くなりすぎると、「タンパク質変性」という現象が起こって髪が固くなってしまいます。

ドライヤーは常に動かし続けるように乾かしていきましょう。

 

ドライヤーは地肌から10~15cm離して使う

ドライヤーを髪や頭皮に近づけすぎると、髪が耐えられる温度を超えてしまいます。

すると、タンパク質変性が起こって髪が固くパサパサになってしまうため、必ずドライヤと地肌は10~15cm離して使うようにしましょう。

 

HOT強風→HOT弱風→冷風の順番

ドライヤーの風量の使い方ですが、最初は「HOT強風」で根元を意識して乾かします。

全体的に根本が乾いてきたら、「HOT弱風」にセット。根元から毛先へと、毛流れに沿って風を当てて髪を整えます。

最後はドライヤーを「冷風」にセット。髪は冷風を当てるとキューティクルが引き締まり、うねりなどの髪の変形を防いでくれるんです。

 

抜け毛を減らすシャンプーのやり方

少しでも抜け毛を減らすためには、正しいシャンプーのやり方を覚えるのが1番です。

正しいシャンプーのやり方を取得するためには、以下の3つのポイントが重要となってくるので、抜け毛が気になっている人は必ず覚えておいてください!!

 

シャンプー前のブラッシング&予洗いをしっかりと

髪の毛の表面には、肉眼では確認することができないほこりや汚れが付着しています。

いきなりシャンプーしてしまうとなかなか泡立たないことから、必要以上にシャンプーを使ってしまいます。

シャンプーの洗浄成分は頭皮に負担をかけてしまうので、最低限の量でしっかりと洗うためにもシャンプー前にブラッシングをしてほこりや汚れを取り除いてあげてください。

また、髪の毛や頭皮の汚れの多くはお湯で取り除くことができるので、シャンプー前には予洗いとして「湯シャン」を必ず取り入れましょう。

 

頭皮をマッサージしながらシャンプーをする

シャンプーの目的は、髪の毛を洗うというよりも、頭皮の汚れを取り除きながら血行を促進してあげることにあります。

爪を立てるのではなく、指の腹を使って優しく頭皮をマッサージしてください。

マッサージをする際には、頭頂部だけを念入りに行うのではなく生え際や襟足、耳の周りなども念入りに行ってくださいね。

日常的に頭皮をマッサージしながらシャンプーすることにより、抜け毛を減らすことができるだけでなく女性に嬉しいリフトアップ効果も期待することができますよ!

 

シャンプー後のすすぎは念入りに

シャンプー後のすすぎは、シャンプーを行った時間の倍以上かけて念入りに行ってください。

すすぎが甘い状態だと頭皮にシャンプーが残ってしまい、頭皮環境を悪くするきっかけを作り出します。

すすぎをしっかりと行うために覚えておきたいテクニックが、「ためすすぎ」です。

シャワーを上からかけるだけでは頭皮を十分に洗い流すことができないので、手にお湯をためながら髪と頭皮に付着したシャンプーをしっかりとすすぎましょう。

美容室のシャンプー台では日常的に行われているテクニックなので、あなたもぜひマスターしてくださいね。

 

シャンプー後の育毛剤で抜け毛を減らす効果あり!

最近では、頭皮に栄養を与えてくれる女性向けの育毛剤が販売されています。

このような育毛剤をシャンプー後の清潔な頭皮環境に使用することにより、抜け毛を減らす効果を期待することができるんです!

育毛剤は薄毛になってから使うものと思われてしまいがちですが、薄毛を予防するためにも積極的に使いたいアイテムです。

シャンプー時やドライヤー時に抜け毛が気になる場合には、頭皮が弱っているSOSサインかもしれません。

育毛剤を使って早めに対策してあげることで5年後、10年後の薄毛対策としても有効なので、ぜひ試してみてくださいね。

▼当メディアおすすめの女性用育毛剤ランキングはこちらの記事で紹介しています!

 

まとめ

今回は、シャンプーやドライヤー時の女性の抜け毛にスポットを当てながらその対策方法についてお話ししました。

今回お話しした内容を簡単にまとめてみると、

  • 女性の1日の抜け毛平均本数は50本~100本。
  • シャンプーやドライヤー時は1番髪の毛が抜けやすい。
  • 抜け毛を減らすシャンプー・ドライヤーの正しいやり方をマスターする。
  • シャンプー後の育毛剤も効果あり。

このようになっています。

正しい知識を身に付けることにより、自分自身の力で抜け毛を改善することができます。

ぜひ今日からできることを実践してみて下さいね!

▼こちらの記事では、正しい髪の乾かし方についてまとめています。

▼こちらの記事では正しいシャンプーのやり方を紹介しています。合わせて参考にしてみて下さい。