1. TOP
  2. ヘアケア
  3. 【薄毛に負けない!】女性が髪の量を増やす方法まとめ25選

【薄毛に負けない!】女性が髪の量を増やす方法まとめ25選

ヘアケア
この記事は約 18 分で読めます。 226 Views

「地肌の透けが目立ってきた・・・」
「髪が細くなってボリュームがなくなった・・・」
「抜け毛が増えた気がする・・・」

加齢とともに、このような髪の悩みが出てくることはありませんか?

上記のような髪のエイジングサインを止めて、若いときの状態に戻すことは残念ながらできません。

ただし、髪の元気を取り戻し、できる限りのところまで髪の量を増やすことは可能です。

今回の記事では、髪の量を増やす方法をできるだけたくさん紹介しています。

ぜひ、あなたに合った方法で若々しくボリュームのある髪を目指して下さい。

 

髪の毛の量が減ってしまう原因

女性ホルモンの分泌量低下

髪質のピークは20代とされており、そこから30代後半以降は坂道を下るように髪質が下がっていきます。

具体的には、髪の1本1本が細くなったり、量が少なくなって地肌が透けてきてしまったりします。

これは、加齢に伴い女性ホルモンの分泌量が低下してしまうことが原因です。

髪には「ヘアサイクル」と呼ばれる周期があり、「成長期」→「退行期」→「休止期」に分かれます。

女性ホルモンにはこの中の「成長期」を長く保つ働きがあるため、加齢によって女性ホルモンが十分に分泌されなくなると髪のボリュームが少なくなってしまうのです。

 

加齢による頭皮の血流量の低下


人は加齢によって全身の血流量も自然と低下します。

血管が硬くなったり、心臓の機能が下がってしまうことが原因です。

髪の毛は頭皮にある「毛球部」から血液を通して栄養を受け取っています。

頭皮の血流量が少なくなると毛球部への栄養も少なくなってしまうため、髪がしっかりと育たなくなってしまうのです。

 

ストレス


ストレスが直接の原因となって髪の量を減らす原因にはなりませんが、1つの要素になることはあり得ます。

ストレスによってホルモン分泌の乱れや血流の低下、免疫力の低下などのことが引き起こされるからです。

特に免疫力が低下すると、風邪や病気になりやすくなって栄養は生命維持に必要な臓器に優先的に運ばれます。

すると、生命維持に影響のない髪には栄養が届きにくくなり、髪の量が減ったり1本1本が細くなったりしてしまうのです。

ストレスと上手に付き合って生活することが大事になってきます。

 

誤ったヘアケア方法

日頃のシャンプーやトリートメント、ドライヤーなどの基本的なヘアケアの方法が間違っていると髪の量を減らす原因になり得ます。

普段何気なく行っていることが実は髪にとっては良くないことである可能性もあるので、一度自分のヘアケアを見直してみるのをおすすめします。

 

過度のダイエット


適正体重を保つことは髪の健康のために大切ですが、炭水化物を抜いたり、低カロリーのものばかりを食べるダイエットは髪に良くありません。

摂取カロリーを極端に制限すると、身体は生存本能として脳や内臓などの臓器に優先的に栄養を送ります。

その結果、髪や肌などの生存に関わらない部分に関しては後回しにされてしまいます。

栄養が十分に送られなければ、髪質が悪くなってボリュームが減ってしまうのは自然なことです。

 

髪の毛を増やす方法25選

ここからは髪の毛を増やすために効果的な方法を25個紹介します。

数が多いので、ご自分に合った方法を探して実践して頂ければと思います。

前半部分は生活習慣に関して、後半に関してはヘアケア・頭皮ケアに関する方法となっています。
 

睡眠時間を確保する


睡眠中に分泌される「成長ホルモン」には、体内のたんぱく質合成を促す効果があります。

髪の主成分はたんぱく質なので、成長ホルモンがしっかり分泌されれば髪が成長してボリュームを維持できるようになります。

髪の成長が活発化するのは、午後10時から午前2時ごろだと言われています。

そのため、日付が変わる前にベッドに入り、最低でも6~7時間の睡眠時間を取ることを目標にしてみて下さい。
 

ストレスを溜めない


社会生活を送っている限り、ストレスをゼロにすることは不可能です。

そのため、健康に影響を及ぼさないようにストレスと上手に付き合っていく必要があります。

  • 寝不足
  • 食事の時間が不規則
  • 座ってばかりで運動不足

などのことに思い当たりがあれば、それらの生活習慣がストレスの原因になっている可能性もあります。

十分に睡眠をとり、規則正しい時間に栄養バランスのとれた食事をし、適度に身体を動かしましょう。

生活のリズムが整ってくることで、ストレスを感じにくい身体になってきます。

 

適度な運動をする


適度に体を動かすことは血流を良くする上でも効果的です。

髪は頭皮の毛細血管から栄養をもらって成長するため、血流が良くなることで髪がしっかり成長してくれるのです。

しかし、「何か新しいスポーツを始める」、「ジムでエクササイズやトレーニングをする」などのことは必要ありません。

大事なのは、「適度な運動」です。

  • エスカレーターやエレベーターではなく階段を使う
  • 少し遠くのスーパーに出かける
  • 散歩をする
  • 子供と公園に出かける

などのちょっとした運動でいいのです。

普段から運動の習慣がなければ、このようなことを意識するだけでも血流量の増加につながります。

 

タバコを控える


血流の低下を引き起こすもののひとつとして挙げられるのが、「喫煙」の習慣です。

髪の量が減ったと悩んでいるのであれば、ぜひ禁煙することをおすすめします。

喫煙によって体内に吸収されるニコチンやタールは、頭皮の末梢血管を収縮させて血流を低下させます。

その結果、髪の元となる毛母細胞への栄養供給が十分に行われず、髪が抜けたりボリュームが減ったりしてしまうのです。

また、喫煙による毒素を中和するために活性酸素が大量に発生します。

この活性酸素によって体内の老化が進み、髪のボリュームダウンや白髪の増加につながります。

まさに、タバコは「百害あって一利なし」だということです。

 

たんぱく質・ミネラル・ビタミンを摂取する


栄養バランスの良い食事をとるのは髪の成長にとって欠かせません。

体と同じく髪も、「食べたものから作られる」からです。

その中でも大事な栄養素として、「たんぱく質」、「ミネラル」、「ビタミン」が挙げられます。

たんぱく質は髪を構成する主成分であり、髪にとっては最も重要な栄養です。

肉や魚介類、卵や乳製品などの「動物性たんぱく質」と、大豆製品などの「植物性たんぱく質」の2種類がありますが、どちらもバランスよく食べるのが大事です。

また、ミネラルはたんぱく質の吸収を高めてくれる働きがあります。

ミネラルは別名「無機質」とも呼ばれ、体内で作られないために外から取り入れる必要があります。

特に「亜鉛」は髪を生み出す毛母細胞の細胞分裂を促す働きがあるため、髪の成長にとって重要です。

亜鉛はカキや牛肉などに多く含まれています。

ビタミンの中でも大切なのが、ビタミンB群です。たんぱく質を体に必要なエネルギーに変えたり、髪の発育を手助けしてくれる働きがあります。

サンマ、カツオなどの魚介類、シジミ、豚肉、大豆などに多く含まれています。

▼こちらの記事でも髪にいい栄養素と食材について紹介しています。合わせて参考にしてみて下さい。

 

カフェインのとりすぎを控える


コーヒーや紅茶、緑茶など、カフェインを多く含む飲み物を飲みすぎるのは髪の健康にとってあまり良くありません。

カフェインには覚醒作用があるため、睡眠の質を下げて髪の成長を阻害します。

また、体を冷やす作用のために頭皮の血流が低下し、毛母細胞への栄養供給が悪くなってしまいます。

さらには、依存性がある上に体の酸化を早めてしまうというデータもあります。

ただ、「飲み物は水以外禁止」というのも逆にストレスになってしまう人もいると思います。

1日1~2杯までと決めたり、ノンカフェインのお茶やコーヒーを飲むのもよいでしょう。

カフェインのとりすぎに注意し、上手に水分摂取をしていきましょう。

 

過度の飲酒を避ける


過度の飲酒によって、髪の成長が阻害されます。

理由としては、髪の元となるたんぱく質がアルコール分解のために使われてしまうことが挙げられます。

少量の飲酒であれば問題ないレベルなのですが、過度に飲みすぎてしまうと髪に良くありません。

女性の場合、ビール中ジョッキ1杯、ワインであればグラス1杯くらいが理想的です。

厚生労働省のホームページにも、以下のような記載がありました。

通常のアルコール代謝能を有する日本人においては、節度ある適度な飲酒として、1日平均純アルコールで20g程度である。 20gとは大体、「ビール中瓶1本」、「日本酒1合」、「チュウハイ(7%)350ml缶1本」、「ウイスキーダブル1杯」などに相当します。 ただし、女性の場合はアルコール分解速度が遅いため、男性の1/2~2/3程度が適当と考えられます。厚生労働省

 

体を冷やさないようにする

体温が低いと、血流が悪くなって頭皮にある「毛母細胞」に十分な栄養が送られなくなります。

そのため、体をなるべく冷やさないようにする必要があります。

  • 冷たいものばかりを食べたり、飲んだりする
  • 運動不足
  • 睡眠不足

などによって体温が下がりやすくなってしまいます。

暑い季節でも、栄養バランスのとれた食事を意識したり、適度な運動を生活の中に取り入れることで体温上昇につながります。

 

刺激の少ないシャンプーに変える


シャンプーに含まれる洗浄成分には種類があります。

市販で販売されている多くのシャンプーに含まれる「高級アルコール系洗浄成分」は、洗浄力が高い成分です。

ベタつきが気になる方であれば問題ないのですが、頭皮が乾燥していたり敏感肌の人の場合は過剰刺激になってしまう可能性があります。

特に髪のボリュームダウンに悩んでいる人は、刺激の少ない「アミノ酸洗浄成分」を含んだシャンプーに変えるのがおすすめです。

髪・頭皮への刺激が少ないため、健康な髪が育ちやすくなります。

▼こちらの記事でも、自分にピッタリあったシャンプーの選び方について紹介しています。

 

シャンプーのすすぎを念入りに行う


シャンプーの際に大事なのが、頭皮にシャンプーを残したままにしないことです。

すすぎ残しがあるとかぶれなどの原因になり、当然、頭皮にとって良くありません。

自分では「これで完全にすすぎきった」と思っていても、耳の後ろや髪の根元の部分にシャンプーが残っていることも多いです。

普段のすすぎ時間+1分くらいを心がけると、すすぎ残しがなくなります。

ぜひ実践してみて下さい。

 

頭皮マッサージで頭皮の血行を促進させる


シャンプーで髪を洗う際に、頭皮マッサージを行って頭皮の血行を促進させることを行いましょう。

髪の汚れはお湯で8割くらいは落ちてしまうため、シャンプーは頭皮を洗うものだと考えて下さい。

頭皮マッサージをすることで頭皮の毛穴汚れも落とせますし、血行が促進されて髪の健康につながります。

▼こちらの記事でも、頭皮マッサージの効果ややり方について解説しています。ぜひ参考にして下さい。

 

髪の毛はすぐに乾かす


「ドライヤーの熱で髪が傷むのが怖い」
「髪にはできるだけ熱刺激を与えたくない」

という理由から、髪は自然乾燥させるという女性が少なくありません。

結論から言うと、髪はすぐに乾かしましょう。

頭皮が濡れたままになっていると、頭皮にいる常在菌が繁殖して臭いや頭皮ダメージの原因になります。

髪の成長にも影響がでてくるため、お風呂からあがったらすぐに髪を乾かすようにしましょう。

 

髪を洗わないで寝ないようにする


髪の健康を考えるのであれば、夜に洗髪して寝るのがおすすめです。

髪は夜の寝ている間に最も成長するため、皮脂などが毛穴に残っていると髪の成長を阻害してしまうのです。

特に今まで朝シャン派だった人は、これを機に夜シャンにしてみてはいかがでしょうか。

 

頭皮の保湿をする

シャンプーをしたあとに「頭皮の保湿」をしている人は少ないと思います。

頭皮は肌の延長なので、洗った後には保湿をしてあげる必要があります。

頭皮が乾燥していると、肌荒れが起こってかゆみやフケの原因になります。

頭皮の保湿ローションや保湿効果のある育毛剤をシャンプー後につけてあげましょう。

頭皮の水分代謝が良くなり、健康な毛母細胞や毛穴を作る基礎となります。

 

スカルプケア用のオイルで毛穴の汚れを落とす


毛穴の奥に詰まった皮脂汚れは、シャンプーをしただけでは落とせない場合があります。

皮脂汚れを落とすのに良い方法は、スカルプケア用のオイルを使用して汚れを浮かすことです。

クレンジングオイルのようなイメージで、汚れを毛穴から浮かせて落とすことができます。

  1. シャンプー前の髪が乾いた状態でオイルマッサージを行う。
  2. 蒸しタオルを頭に巻き、汚れを浮かす
  3. 5分以上湯船に浸かり、最後にシャンプーで汚れを洗い流す。

上記の3ステップを実践していただければ、頭皮の皮脂汚れをキレイに落とすことができます。

今まで頭皮のクレンジングをやったことがないという人は、ぜひ実践してみて下さい。

 

髪の紫外線対策をする


顔や腕と同じように、頭皮も紫外線によって日焼けします。

髪も紫外線によってダメージを受けてしまうため、1本1本が細くなって髪の量が少なく見えることにつながります。

最近では髪にスプレーをする日焼け止めや、アウトバストリートメントにUVカット機能がついているものも販売されています。

帽子や日傘なども紫外線対策に効果的ですので、強い日差しの中で過ごす時にはぜひこれらのアイテムを使って下さい。

▼こちらの記事でも、髪と頭皮の紫外線対策について紹介しています。

 

ヘアカラーの頻度を少なくする


ヘアカラーは強力なアルカリ性の薬剤でキューティクルを開き、メラニン色素を脱色して人工的な色素を入れるという方法で髪を染める施術です。

薬剤の力が強力なので、髪のツヤやハリがなくなったり、髪の毛そのものが細くなってしまう原因にもなり得ます。

また、ヘアカラーの際の色素が頭皮に残って、それが頭皮への負担になっていることもあります。

ただ、ヘアカラーをやめられない女性も多いと思いますので頻度を少なくする工夫が必要です。

具体的には、全体を染めるのではなく新しく生えた根本だけを染める「リタッチ」を行うことが挙げられます。

ヘアカラーや白髪染めは月に1回の頻度にして、前髪や生え際の白髪が気になったらヘアマニキュアなどの負担が軽いものを使用するのがおすすめです。

 

パーマや縮毛矯正の頻度を少なくする


パーマや縮毛矯正は、両者ともに薬剤を使用して髪の状態を変える施術です。

科学的な刺激が髪にかかるため、どちらも髪と頭皮にはかなりの負担になります。

ただ、パーマも縮毛矯正も女性の髪を美しく見せてくれるものに他なりません。

自身の髪や頭皮の状態をチェックして、髪が傷んでいたり頭皮がかぶれていたらパーマ・縮毛矯正を控えるなどの工夫が必要です。

 

髪の分け目を変える


髪のセットをしていると、ついつい同じ場所に分け目を作ってしまう人が多いのではないでしょうか?

いつも同じ場所に分け目を作っていると、その部分が常に引っ張られている状態になって抜け毛が増える危険があります。

また、分け目の部分は紫外線によるダメージを最も受けやすい場所になります。

たまに髪の分け目を変えることで、一部分に刺激が集中するのを防ぐことができます。

 

ボリュームを出すような髪の乾かし方をする


髪を乾かす際には、ボリュームが出るような乾かし方を意識すると髪の量をカバーすることができます。

大事なのは髪の先ではなく、「根本」を優先的に乾かしてあげることです。

根本がふんわりと立ち上がることで、全体的にボリュームのある髪に仕上がります。

  1. 襟足の部分から上に向かって乾かす
  2. サイドから根本を露出させながら、髪の毛を持ち上げるように下から上に向かって風を当てる
  3. 最後は毛流れに沿ってHOTの弱風を当てる。
  4. 最後に冷風でキューティクルを引き締める。

上記のような流れで髪を乾かしていくのがおすすめです。

今まで何となくで髪を乾かしていた人は、こちらの方法をぜひ試してみて下さい。

 

髪・頭皮に負担がかかるヘアスタイルを避ける


ヘアスタイルによっては、髪や頭皮に負担がかかってしまうものもあります。

特に長過ぎるロングヘアの人は、ショートヘアの人と比べて頭皮にかなりの負担がかかっています。

1本1本は細くても、まとまると意外なほど重たくなるのが髪の毛です。

髪の量が少なくて悩んでいるのであれば、過度のロングヘアは避けたほうが無難です。

 

育毛サプリメントを飲む


最近では、髪の成長を促進させるための栄養素が配合された「育毛サプリメント」も販売されています。

女性向けの育毛サプリメントも販売されており、髪の成長を促す成分だけでなく美肌に効果がある成分も配合されているのがポイントです。

亜鉛やビタミン、ミネラルが多く含まれる食材の中には、カキやウナギ、アンコウの肝など、普段はあまり食べないものも含まれます。

それらの栄養素をサプリでお手軽に摂取できるのは魅力的です。

ただし、栄養をサプリだけで補おうとするのは現実的ではありません。

メインの栄養素は食事からしっかり摂り、足りない部分をサプリメントで補っていくという意識が大事になります。

 

発毛の専門家がいる医療機関に受診をする


髪の量が少なくなってきたことが不安で仕方がないのであれば、発毛の専門家がいる医療機関を受診するのがおすすめです。

たくさんの患者さんをみてきた医師から、客観的、かつ科学的な判断を得ることができます。

自分で「自己流」の判断をするのが怖い場合、まずは専門医に相談するのがおすすめです。

一部の大学病院では、「脱毛症外来」、「毛髪外来」などの名称の外来もあります。

また、都市部では発毛に関する専門クリニックもでき始めています。

ただ、円形脱毛症などの一部の治療を除き、健康保険は適応されません。

自己負担での治療となるため、自分が出せる範囲の金額と相談しながら医療機関を選びましょう。

 

パントガールを服用する


パントガールとは、女性のびまん性脱毛症に効果があるとされている内服薬です。

世界で初めて効果が実証された女性用の薄毛治療薬であり、髪全体が薄くなってすだれ状に頭皮が透けてくる女性特有の薄毛症状を改善してくれます。

パントガールは医薬品のため、Amazonや楽天では販売されておらず専門の医療機関で処方してもらう必要があります。

個人輸入も可能ですが、万が一副作用や不具合が出た場合に対処ができない可能性があります。

上述したように、専門の医療機関で受診をすることをおすすめします。

 

女性向けの育毛剤を使う


髪の量を増やす方法として有名なのが、育毛剤をつけることではないでしょうか?

育毛剤は頭皮を保湿しつつ、血流を促す成分を塗布することで、発毛や育毛を目指すことを目的としたものになります。

育毛剤に使用される主な成分としては、以下の表を参考にして下さい。

ミノキシジル 末梢血管を拡張させる効果があり、血流を改善して発毛・育毛を促す。
センブリエキス 末梢血管の血流をよくし、拡張させ、血行を良くする。
ニコチン酸アミド 末梢血管を拡張し、毛母細胞に栄養を行き渡らせ髪の成長を促す。
アデノシン 毛母細胞を活性化させる働きがあり、髪の成長期を延ばして抜け毛を予防する。
β-グリチルレチン酸 頭皮の炎症を抑える効果がある。
頭皮を良好な状態に保ち、抜け毛を予防する。
ショウキョウチンキ 血行促進のほか、抗菌、抗酸化、保湿などの作用がある。
塩化カルプロニウム 末梢血管を拡張する効果があり、血流を促す。
円形脱毛症の治療でも使われることが多い。

最近では、女性ホルモンの働きに似た効果が期待できるとされているイソフラボンを配合したり、細胞分裂を活性化させるという亜鉛を使ったりした製品もあります。

様々なメーカーから育毛剤が販売されていますが、大事なのは女性向けの育毛剤を使うことです。

男性の薄毛と違い、女性の薄毛はホルモンバランスの乱れが原因となっていることが多いです。

なので、女性向けの育毛剤の場合、ホルモンバランスを整える成分が含まれています。

育毛剤を選ぶ際には、必ず女性向けの商品を選ぶようにしましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回の記事では、女性向けに髪の量を増やす方法をご紹介しました。

女性の薄毛の原因は、ホルモンバランスの乱れや生活習慣、間違ったヘアケアなど様々な原因が考えられます。

まずはご自身の生活を見直していただき、自分の薄毛の原因がどこにあるかを把握することが大事になってきます。

加齢に伴う髪のボリュームダウンは避けられないことですが、髪を増やす方法を実践することで髪を健康な状態に維持することが可能です。

今回の記事を参考にして、ぜひ髪の毛を増やす方法を実践してみてくださいね。

この記事が、髪に悩むあなたの役に立てれば嬉しいです。

▼こちらの記事では、女性の抜け毛対策のための頭皮ケア方法について解説しています。こちらも合わせて参考にして下さい。

 
髪を増やしたい人は『いいね!』をして下さい。役立つ情報をお届けします。

 

\ SNSでシェアしよう! /

主婦デレラ│主婦の『キレイ』を叶える美容情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

主婦デレラ│主婦の『キレイ』を叶える美容情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

主婦デレラ編集部

主婦デレラ編集部

主婦デレラ編集部は、20代~40代の女性ライター集団です。

主婦ライターも在籍しており、女性目線で役に立つ美容情報を提供できるよう心がけています。

【ライターから一言】
「主婦の『キレイ』を叶える」をモットーにして、ユーザーのために健全でためになる情報を発信していきます。

Facebookページに「いいね!」して頂けると記事の更新情報が届きます。よろしければぜひ。