ヘアカラーでハゲる!?ヘアカラーによる抜け毛・薄毛の原因と対策方法まとめ

ファッションとしてヘアカラーを取り入れたり、アンチエイジングとして白髪染めを行っている女性はとても多いですよね!

今の時代は当たり前になっているヘアカラーですが、もし、ヘアカラーが原因で抜け毛や薄毛を進行させるとしたら、とても怖いことだと思いませんか?

そこで今回は、ヘアカラーによる薄毛や抜け毛の関連性と、対策方法についてお話しします!!

 

ヘアカラーは抜け毛・薄毛の原因になる?

まず最初に、ヘアカラーと一言で言っても、薬剤にはさまざまな種類があります。

例えば、ファッションカラーの多くが1剤と2剤を混ぜることにより髪を染めることができますが、1剤はキューティクルを強引に開かせるアルカリ剤と、同時に染料が含まれています。

そして、2剤として使われているのはメラニン色素を分解するブリーチ効果のあるものです。

この2つを混ぜることにより、髪の毛の色を明るくしたり、鮮やかな色味を作ることができるのですが、頭皮には大きな負担をかけてしまいます。

もちろんファッションカラーだけでなく、白髪染めと呼ばれているものも、原理は同じです。

違いは、白髪を染める成分が含まれているという点で、髪の毛だけではなく頭皮にも負担がかかります。

一方、髪の毛の表面に染料を付着させるヘアマニキュアと呼ばれているものもありますが、こちらに関しては通常のカラー剤と比較すると、そこまで強い薬剤ではありません。

全くダメージがないわけではありませんが、そこまで深刻なダメージを与えるものでもないので、ヘアカラーと比較すると髪の毛や頭皮には優しいことがわかります。

しかし、ヘアカラーを行うことにより薄毛や抜け毛を作り出してしまうのかと言われると、もともとカラー剤は頭皮ではなく、髪の毛に塗布していくものなので、そこまで大きな影響は受けにくいのも確かです。

 

【結論】ヘアカラーが抜け毛・薄毛の直接の原因になることはない!

結論から言ってしまうと、ヘアカラーを行うことによって薄毛や抜け毛の直接的な原因になってしまうことはほぼありません。

特に、常に美容室でヘアカラーを行っている人の場合、頭皮には極力薬剤をつけないようにしっかりと配慮してもらうことができるので、髪の毛には負担がかかってしまいますが、頭皮への負担を最小限に抑えることができるからです。

また、先ほどカラー剤の種類についてお話ししましたが、美容室でヘアカラーを行う場合、髪の毛の状態などを考慮しながら2剤の濃度を変えていきます。

2剤の濃度は高ければ高いほどブリーチ力があることから、頭皮や髪の毛に大きな負担をかけてしまうからです。

しかし、薬局やドラッグストアで市販されているカラー剤に関しては、しっかりと染めることが出来るように、強い薬剤が使われています。

この強い薬剤の負担と、自分自身でヘアカラーを染めることにより頭皮に付着させてしまう可能性を考えると、ヘアカラーのやり方によっては影響を与えてしまうことも十分に考えられます。

 

ただし、ヘアカラーは髪・頭皮への負担が大きいことは事実。。。

頭皮や髪の毛の負担を大きく減らすためには、強い薬剤は避け、頭皮に負担をかけないようにヘアカラーを行うのが1番ですが、100%負担をかけないように髪の毛を染めるのは不可能です。

ヘアカラーに使用されている1剤にしても2剤にしても、負担をかけてしまう成分であることは間違いないので、頻繁にカラー剤を使うことにより薄毛や抜け毛を発症するリスクは少なからず高まるでしょう。

では、どうすればヘアカラーによる髪の毛や頭皮への負担を減らすことができるのでしょうか。

ヘアカラーによる髪・頭皮への負担を減らす方法

カラー剤による負担を減らすためには、大きく分けて3つのポイントがあります。

 

ヘアカラーの頻度を減らす

1つ目のポイントは、ヘアカラーの頻度を減らす方法です。

ファッションカラーとして楽しんでいる場合、綺麗な状態を保つことができるのは約1ヵ月程度で、2ヶ月も経てば黒い部分が目立つようになり、カラー剤も退色してしまいます。

白髪染めをしている場合も同様で、1ヵ月以上経過すると生え際やもみあげ付近などの白髪が目立ってきてしまいますよね。

つまり、綺麗な状態を保つためには1ヵ月半から2ヶ月のペースでヘアカラーを行わなくてはいけないことになります。

しかし、このペースでヘアカラーを行ってしまうと髪の毛や頭皮にかかる負担が大きくなってしまうことから、薄毛や抜け毛のリスクを高める恐れがあります。

そこでオススメなのが、髪の毛全体をカラー剤を使って染めるのではなく、1番目立つ伸びた部分のみを2ヶ月に1度のペースで染めていく方法です。

これであれば、頭皮には負担をかけてしまいますが、髪の毛全体への負担を減らすことができます。

髪の毛が弱ってくると、髪の毛が切れてしまう可能性も高まるので、どうしても頻繁にヘアカラーをしたいのであれば、全体染めは避け、リタッチを取り入れるようにしてください。

 

ホームカラーではなく美容院で髪を染める

2つ目のポイントは、ホームカラーではなく、美容室でヘアカラーをしてもらうといった対策法です。

先ほどもお話ししましたが、市販されているからカラー剤と美容室で取り扱っているカラー剤では、種類が異なります。

美容室であれば、頭皮や髪の毛に負担をかけにくいカラー剤を選ぶことができ、なおかつ頭皮への負担が少なくなるように塗ってもらうことができます。

 

カラートリートメントなど負担の少ないもので染める

3つ目のポイントは、カラー剤を使うのではなく、カラートリートメントを使う方法です。

カラートリートメントとは、自宅の浴室等で、簡単にリンス感覚で使うことができる商品のことを指します。

ヘアマニキュアと同じ種類に分類されますが、髪の毛の表面に塗料を付着させることにより色をつけていくので、頭皮や髪の毛には負担が少なくて済むメリットが特徴的です。

もちろんヘアカラーと比較しまうと、1度で綺麗に染めることができませんし、シャンプーするたびに落ちてしまうことから、もちが良いとも言えません。

しかし、上手に活用することにより、ヘアカラーの間隔を長くすることができるようになるので、抜け毛や薄毛だけでなく、切れ毛を発生させるリスクを軽減できます。

最近では、染まりが良く、落ちにくい商品が続々と開発されるようになっているので、かなりおすすめです。

 

まとめ

今回は、ヘアカラーによる薄毛や抜け毛のお話を中心に、対策法についてもご紹介しました。

ヘアカラーによる頭皮や髪の毛の負担を極力軽減するためには、上記でご紹介した3つのポイントはかなり役立ちます!

また、カラー剤が薄毛や抜け毛を作り出す直接的な原因にならなかったとしても、度重なるカラー剤の影響により髪の毛に負担をかけてしまうと、ダメージによって切れ毛を引き起こすきっかけとなります。

特に年齢を重ねていくと、髪の毛のハリやコシが低下し、ボリュームダウンして見えてしまうことも増えてきます。

少しでも健康な髪の毛の状態を維持しながら、いつまでも若々しい状態を保ちたいのであれば、髪の毛や頭皮の状態を見ながらヘアカラーの頻度を見直してくださいね!