1. TOP
  2. ヘアケア
  3. 髪色で印象が変わる!?自分にぴったりなヘアカラーの選び方

髪色で印象が変わる!?自分にぴったりなヘアカラーの選び方

 2017/12/31 ヘアケア
この記事は約 6 分で読めます。 854 Views

あなたはカラーリングをするときの髪色をどのようにして選んでいますか?

美容院でヘアカラーのカタログを見て選ぶという方もいると思いますが、髪色によって自分の印象は大きく変わります。

ヘアカラーをするときに、ついつい無難な色を選んでしまったり、トレンドの髪色を選んでしまう方も多いと思いますが、
自分に合った髪色を選ぶことができれば、自分の魅力をより引き出すことができます。

今回の記事では、髪色で印象を変えるときに知っておきたい色選びのコツを紹介していきます。

この記事を読めば、髪色を選ぶのがもっと楽しくなります!

ヘアカラーは「色味」×「明度(明るさ)」で決まる


ヘアカラーというのは、「色味」と「明度(明るさ)」で決まります。

色味とは、「赤」や「黒」などどんな色に染めるのか?という部分です。明度は、髪の明るさになります。

この2つの要素によってヘアカラーは決まるので、色味と明度の選び方をチェックしていきましょう。

 

髪の色味・明度の選び方

自分の似合うパーソナルカラーから色味と明度を選ぶ

1つ目の選び方は、あなたに似合う髪色と明度を選ぶことです。

「パーソナルカラー診断」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「スプリング・サマー・オータム・ウィンター」の4つの系統から、あなたに一番似合う色を選ぶことができる診断方法です。

パーソナルカラーは瞳の色や肌の色、顔立ちなどで決まります。

 

  ウィンター オータム サマー スプリング
瞳の色 暗い 暗め 明るめ 明るい
肌の色 暗め
青白い肌
中明度~暗め 中明度~明るい 明るい
顔の印象 はっきり
シャープ
はっきり
シャープ
ソフト
キュート
ソフト
キュート
似合う色 青みの強い色
暗い色
青みの強い色
暗い色
黄みの強い色
明るい色
黄みの強い色
明るい色

一般的に、瞳の色が明るめの方はサマーやスプリングよりの色味が似合います。肌の色が明るめの方もサマー・スプリングよりになります。

反対に瞳の色が暗め、肌の色も暗めや色白の方はオータムやウィンターよりの色が似合います。

顔立ちがソフトな方はスプリングやオータムよりですし、顔立ちがシャープな方はウィンターやサマーよりになります。

 

スプリング


出典:http://www.kakimoto-arms.com/haircolor/personal_color/

顔立ちがソフトで瞳の色や肌の色が明るめの方はスプリングの髪色が似合います。

「サーモンピンク」「ゴールドブラウン」「オリーブブラウン」「チェスナットブラウン」などの艶っぽいカラーがおすすめです。

 

サマー


出典:http://www.kakimoto-arms.com/haircolor/personal_color/

色白やピンクがかった肌やパステルカラーが似合う方はサマーの髪色が似合います。

「ピンクベージュ」「ラベンダー」「ローズブラウン」「アッシュブラウン」などの上品な印象のカラーがおすすめです。

 

オータム


出典:http://www.kakimoto-arms.com/haircolor/personal_color/

オータムの髪色が似合うのは、マットで肌色が暗めの人です。

シックで大人っぽい、「マットブラウン」「カッパーブラウン」「マロンブラウン」「チョコレートブラウン」などの深みのあるカラーがおすすめです。

 

ウィンター


出典:http://www.kakimoto-arms.com/haircolor/personal_color/

はっきりした顔立ちでシャープな印象の人はウィンターーの髪色がおすすめ。

黄みの強い色やブラウン系は老けて見えやすいため、「パープル」「ワインレッド」「バイオレット」「アッシュブラウン」などのはっきりした艶っぽいカラーがおすすめです。

 

自分がなりたいイメージで色味を選ぶ

艶っぽく発色し、肌色が白く見える。
ピンク 優しく女性らしい印象。
顔の輪郭が引き締まり、シャープな印象。
バイオレット 神秘的でエレガントな印象。
オレンジ 元気で若々しいイメージ。
柔らかい印象。膨張色でもある。
アッシュ 発色に透明感が出る。
髪がマットに見えてクールな印象。

2つ目の選び方は、色がもつイメージで髪の色味を選ぶ方法です。

髪の明度は瞳の色や肌の色などから決めたほうが良いのですが、どんな色にするかは「なりたいイメージ」で選ぶことも可能です。

先程紹介した「パーソナルカラー」の中から選ぶとなりたい自分を無理なく演出することができるのでおすすめです。

 

肌や髪の悩みをカバーする髪色を選ぶ

顔を小さく見せたい


顔を小さく見せたい方におすすめなのが、「暗めの髪色」です!

暗い色は収縮色なので顔が引き締まって小さく見えます。

具体的なヘアカラーとしては、ダークブラウンやダークアッシュがおすすめです。

 

顔色をよく見せたい


顔色がよくなくて健康的に見えないのが悩みなのであれば、赤やオレンジのような元気なイメージの髪色に変えてみるのがおすすめです。

髪の色味が明るいことで、肌の色も自然と明るく見えます。

 

髪色を決めるときに気をつけたいこと

職場環境を考慮する


髪のカラーリングをすることは女性にとって当たり前になりましたが、職場環境によってはあまりに明るい髪はNGな職場もあります。

反対に、明るい髪色で個性を出したほうがよい職場もあると思います。

それぞれの職場環境を考慮した髪色選びをするのがポイントです。

 

年代に合う髪色を選ぶ


髪色を明るくすると顔色がよく見えたり軽やかな印象を与えますが、40代以降の方はあまりに明るい髪色は年代にあっていない印象を与えるのでおすすめできません。

40代以降の女性の場合、明るすぎるハイトーンの髪色は避け、少し暗めの髪色にすると落ち着いた印象になります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?いままで髪色を選ぶときに「なんとなく」で選んでいた方も、自分に似合う髪色を選ぶことで印象を大きく変えることができます。

「髪は女の命」という言葉もあるように、髪型や髪色で女性の印象は大きく変わります。

主婦であってもキレイな女性でいられるように、自分の印象を良くしてくれる髪色を選ぶことが重要です。

この記事が、主婦の「キレイ」を叶えるきっかけになれば幸いです!

▼ヘアカラーをした後のトリートメントの効果的な使い方に関してはこちらの記事をご覧ください。

\ SNSでシェアしよう! /

主婦デレラ│主婦の『キレイ』を叶える美容情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

主婦デレラ│主婦の『キレイ』を叶える美容情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

主婦デレラ編集部

主婦デレラ編集部

主婦デレラ編集部は、20代~40代の女性ライター集団です。

主婦ライターも在籍しており、女性目線で役に立つ美容情報を提供できるよう心がけています。

【ライターから一言】
「主婦の『キレイ』を叶える」をモットーにして、ユーザーのために健全でためになる情報を発信していきます。

Facebookページに「いいね!」して頂けると記事の更新情報が届きます。よろしければぜひ。