髪にもUVケアは必要!?髪の紫外線対策とおすすめのケア方法まとめ

春~夏にかけて、日焼け対策に日焼け止めを使う人は多いです。

でも、髪や頭皮も紫外線によって日焼けをするって知っていましたか?

髪も肌も同じたんぱく質からできているので、紫外線に当たり続けると髪も日焼けしてしまうんです。

今回の記事では、紫外線が髪に与える影響とおすすめの対策方法についてご紹介します。

紫外線が強くなる前に、しっかり対策をして夏を乗り切りましょう。

 

紫外線が髪と頭皮に与える影響

髪に与える影響


髪はたんぱく質でできており、そのほどんとは「ケラチン」と呼ばれるアミノ酸の集合体です。

髪に紫外線が当たるとこのケラチンが酸化し、別の物質に変化してしまいます。

その結果、髪を構成しているケラチンがダメージを受けて、枝毛や切れ毛、抜け毛に繋がってしまうのです。

また、紫外線は黒髪を作り出すメラニンを分解してしまいます。

そのため、紫外線を浴びて日焼けしてした髪は赤茶けて見えてしまうのです。

 

[surfing_su_box_ex title=”紫外線が髪に与える影響”] 枝毛
切れ毛
抜け毛
髪の退色
[/surfing_su_box_ex]

 

頭皮に与える影響


頭皮も顔と同じ皮膚なので、紫外線を浴びると同じように日焼けをします。

紫外線を浴びると頭皮の皮脂が酸化し、酸化した皮脂が頭皮を刺激して乾燥しやすくなってしまいます。

頭皮が乾燥すると、フケやかゆみ、抜け毛などの原因になります。

顔や手足と同じく、頭皮にも日焼け対策を行っていくことが大切です。

 

[surfing_su_box_ex title=”紫外線が頭皮に与える影響”] 頭皮の乾燥
フケ
かゆみ
抜け毛[/surfing_su_box_ex]

 

髪の紫外線対策におすすめな5つの方法

髪・頭皮用のUVカットスプレーを使う


薬局・ドラッグストアには、髪と頭皮用のUVカット日焼け止めスプレーが販売されています。

おすすめは、ロートのスキンアクア サラフィットUV さらさらスプレー(無香料)です。

ミストの粒子が細かくてムラなくスプレーが可能です。

さらさらしていてベタつきも少ないので、おすすめできます。

ただし、1日の終わりには必ず完全に洗い流すことを意識して下さい。

素晴らしい効果を発揮する日焼け止めスプレーも、そのままにしてしまえば髪についた汚れと同じだからです。

 

帽子や日傘を使用する


髪と頭皮の日焼け対策として真っ先に思いつくのが、「帽子をかぶる」「日傘をさす」ことではないでしょうか。

特に紫外線の量が多くなる5~8月の期間は、外出の際に帽子や日傘を利用して紫外線を浴びないように注意しましょう。

曇りの日であっても油断は禁物です。

曇りの日でも快晴の約6割、薄曇りなら約8~9割の量の紫外線が降り注いでいます。

帽子に関しては、通気性が良いものがおすすめです。

通気性が悪い帽子だと頭皮が蒸れてしまい、常在菌の繁殖などの頭皮トラブルに繋がってしまいます。

また、帽子をかぶりっぱなしにしていると頭皮が蒸れやすくなります。

細かいことですが、外出時はかぶり室内では必ずとることを意識してみて下さい。

 

髪の分け目を変える


頭皮の中で一番紫外線に当たりやすいのが、髪の分け目の部分です。

頭皮の中で唯一、髪に隠れずに出ている場所だからです。

髪の分け目をいつも同じにしている場合、紫外線がその部分だけに集中してしまって乾燥しやすくなります。

髪の分け目は定期的に変えるようにして、紫外線によるダメージが一箇所に集中しないようにしましょう。

また、髪の分け目は毛根に最も刺激がかかる部分なので、髪の分け目を変えることは抜け毛の予防にもつながります。

 

紫外線が強い時間帯での外出を控える

出典:http://www.jma.go.jp/jma/index.html

 

気象庁のHPによると、紫外線の量は太陽の高度に大きく左右されます。

太陽の高度が最も高くなる正午頃が、紫外線が最も強くなる時間帯です。

ちなみに、1年の中で太陽高度が最も高くなる夏至前後(2018年では6/21)に最も紫外線が強いです。

外出をする際には正午前後の時間帯は避けたほうがよいでしょう。

 

ヘアカラーやパーマの頻度を減らす


ヘアカラーやパーマによる施術は、アルカリ剤でキューティクルを開いたり、髪の結合を外したりして髪の色や形を整えます。

これらの施術による髪へのダメージは避けられないため、紫外線によるダメージが重なると髪はボロボロになってしまいます。

紫外線による髪へのダメージが気になるときには、カラーやパーマなどの施術の頻度を減らすようにしましょう。

髪が傷むのを防ぐことができます。

 

ダメージを受けてしまった後に実践したい5つのアフターケア方法

UVカット効果のある洗い流さないトリートメントを使う

最近のトリートメントには、髪の補修効果と合わせてUVカット効果のあるものも多く販売されています。

前日の夜や、お出かけ前のセットの際にトリートメントをつければ、外出中も紫外線をしっかりブロックしてくれます。

髪の補修とUVカットの2つの効果を同時に得られるので、紫外線によるダメージがひどいときにはぜひ使ってみて下さい。

以下におすすめのUVカットトリートメントを紹介します。
 

ミルボン エルジューダ サントリートメントセラム


バオバブオイルを主成分として配合した洗い流さないトリートメントです。

キューティクルに作用して思い通りに動く潤い感のある髪に導きます。

 

アリミノ スプリナージュ UVミルク


髪にも肌にも使うことができる全身用のUVカットクリームです。

紫外線ダメージによるカラーの褪色、切れ毛や髪のダメージを抑えることができます。

伸びの良い乳液タイプのクリームでさらさらの使用感が特徴です。

低刺激にこだわって作られているので、敏感肌の人でも安心して使えます。

 

低刺激のシャンプーで髪と頭皮を洗う


紫外線で傷んだ髪には、なるべく刺激を与えないことが重要になります。

刺激の強いシャンプーでゴシゴシと洗ってしまうと、それだけでダメージの原因になってしまうこともあります。

シャンプーの成分名に、「ラウリル硫酸ナトリウム」、「ラウレス硫酸ナトリウム」などの表記がある高級アルコール系シャンプーは使わないようにして下さい。

おすすめなのは、「ココイル~」、「コカミド~」、「ラウロイル~」などの表記があるアミノ酸系シャンプーです。

成分が高価なためシャンプーの値段も上がってしまいますが、髪への刺激を抑えてシャンプーをすることができます。

自分の髪への投資だと思って、低刺激のシャンプーを使うのも1つの方法です。

▼こちらの記事では、低刺激なアミノ酸シャンプーのおすすめランキングを紹介しています。ぜひ参考にして下さい。

 

髪に刺激を与えない髪の洗い方を行う


シャンプーの選び方と同じく、髪の洗い方もダメージを抑える重要なポイントです。

髪を洗う際に意識してほしいのが、「髪」ではなく「頭皮を洗う」ということです。

髪の汚れはシャンプー前の予洗いによってほとんど落ちてしまうので、シャンプーで過剰に洗う必要はありません。

シャンプーを使うのは頭皮をキレイな状態にするためだと覚えておきましょう。

シャンプーで洗う際には、髪をゴシゴシとこすらずに、頭皮に指を当てて動かすように洗うのがポイントです。

髪をこすってしまうとそれだけでキューティクルを傷める原因になってしまうので注意しましょう。

▼こちらの記事でも、正しいシャンプーのやり方について紹介しています。

 

頭皮の日焼けには冷たいタオルでクールダウンをする

日中、日傘や帽子をせずに日光を浴びて頭皮が日焼けしてしまった場合の対処法です。

頭皮が日焼けしてしまったら、一刻も早く冷やすことが大切です。

濡らしたタオルを頭にのせるなどをして、頭皮をクールダウンさせてあげましょう。

 

頭皮の保湿ローションを使う


頭皮に紫外線が当たると、頭皮が乾燥してフケやかゆみ、抜け毛の原因になってしまいます。

頭皮用の保湿ローションを使って、頭皮をしっかり保湿してあげるのが大切になります。

すでに抜け毛や薄毛に悩んでいる人の場合には、頭皮の血行促進や髪の成長を促進させる効果がある育毛剤を使うのがおすすめです。

育毛剤は頭皮が湿った状態のほうが浸透力がアップするため、タオルドライ後につけましょう。

頭皮マッサージをしながらなじませると、成分がよく浸透して頭皮の血行もよくなるので効果的です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回の記事では、髪と頭皮の紫外線対策とアフターケアの方法についてご紹介しました。

顔や肌の紫外線対策の意識はあっても、髪や頭皮の紫外線対策は意識していないという人が多いと思います。

しかし、紫外線がもっとも当たりやすいのは髪と頭皮です。

しっかり対策をしていないと、知らないうちに髪がボロボロになっていたという可能性もあります。

今回の記事を参考にして、あなたもぜひ髪と頭皮の紫外線対策を実践してみてくださいね。

主婦デレラがあなたの「キレイ」に少しでも貢献できれば嬉しいです。

▼こちらの記事では、自分に合ったシャンプーの選び方を解説しています。ぜひ参考にして下さい。

 
髪をキレイにしたい人は『いいね!』をして下さい。役立つ情報をお届けします。