悩む女性が急増中のヘアロスとは?女性の薄毛の原因と治療方法まとめ

ヘアロスの原因と治療方法

あなたは“ヘアロス”という言葉をご存知ですか?

大久保佳代子さんが出演している東京ビューティークリニックのCMを見て「ヘアロスって何?」と思った人も多いと思います。

今回の記事では、そんな話題の“ヘアロス”とは何か?また原因や治療方法について専門家の目線から詳しく解説していきます。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

悩む女性が急増中の“ヘアロス”とは?

ヘアロスとは、大久保佳代子さんが出演する「東京ビューティークリニック」のCMの中で紹介されたワードです。

大久保さんの「それって、ヘアロスかもよ」というセリフが面白いですよね。笑

簡単に言ってしまうと「女性の薄毛」を柔らかくした言葉になります!

「女性の薄毛」という言葉はマイナスなイメージが強いですし、できるだけ隠しておきたい!という心理が働いてしまいやすい言葉ですよね。

ツイッターでもヘアロスという言葉について話題になっていました!

さすがに女性に対して「ハゲ」という言葉は使いづらいですからね。笑

「ヘアロス」というとかなり受け入れやすい表現になると思うので、これをきっかけに女性の薄毛治療が一般に広まってくれたら嬉しいですね♪

 

“ヘアロス”と“はげ”の意味は同じ?

“ヘアロス”と“はげ”は意味が同じように思われますが、女性の薄毛に対しては“ヘアロス”、男性の薄毛に対しては“はげ”というのが一般的なようです。

「女性の薄毛」と「男性の薄毛」は原因が異なります。

  女性の薄毛 男性の薄毛
原因 加齢や女性ホルモン分泌量の低下、ストレス、誤ったヘアケア、過度なダイエットなど DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが毛母細胞の増殖をストップさせる。
症状 頭頂部を中心に髪全体が均等に薄くなり、すだれ状に頭皮が透けてくる。 頭頂部を中心に薄くなる(O型)
前側頭部が交代していく(M型)

女性の薄毛は主に加齢や生活習慣の乱れなどが原因になりますが、男性の薄毛は男性ホルモンが関与しています。

なので、“ヘアロス”と“はげ”は異なるものです。以下からヘアロスの原因について詳しく見ていくことにしましょう!

 

女性のヘアロスの原因

女性ホルモンの分泌量の低下

女性ホルモン

女性ホルモンの分泌量が低下することで、相対的に男性ホルモンの割合が大きくなって薄毛になってしまうパターンです。

女性は卵巣から女性ホルモンを、副腎から男性ホルモンを分泌しています。

40歳ころから女性ホルモンの分泌量が徐々に減るため、相対的に男性ホルモンとのバランスが崩れて頭頂部の髪の毛が減って細くなってしまうんです。

 

頭皮の血流量の低下

頭皮トラブル

加齢や運動不足によって頭皮の血流が低下すると、髪の成長に必要な栄養が行き届かずにヘアロスの原因になります。

髪の毛は元となる毛母細胞が分裂を繰り返すことで伸びていきますが、その分裂の際に使われる栄養や酸素を運ぶために血液が必要なんです。

頭皮の血流がしっかり行き渡るように、運動や頭皮マッサージをしっかり行う必要があります。

 

ストレス

Stress

人間関係や仕事のストレスが溜まることでヘアロスの原因になることがあります。

ストレスが溜まると身体の免疫力が低下してしまうため、風邪や病気にかかりやすくなってしまいます。

風邪や病気にかかると身体は生命維持に重要な臓器に優先的に栄養や酸素を送ろうとするため、髪の毛への栄養が後回しにされてしまうんです。

その結果、髪の栄養が足りなくなってヘアロスに繋がってしまうというメカニズムになっています。

 

間違ったヘアケア方法

間違ったヘアケア

普段行っているシャンプーやドライヤーなどのヘアケアがヘアロスの原因になることもあります。

  • シャンプー前にお湯で予洗いをしていない
  • 爪を立てて頭皮をゴシゴシと洗っている
  • シャンプーのすすぎ残しがある
  • 髪を乾かさないで寝てしまう
  • ドライヤーと髪との距離が近い

これらのヘアケアを普段からしているあなたは要注意です!

髪や頭皮にダメージを与え、ヘアロスの原因を自分で作り出している可能性があります。

こちらの記事で正しいシャンプー・ドライヤーの方法について紹介していますので、参考にしてください!

 

 

 

過度なダイエット

Hunger

10代~20代の女性のヘアロスでは、過度なダイエットが原因になっているケースが多いです。

低カロリーの食品だけを食べ続けるようなダイエットを続けると、身体は生命維持に必要な脳や臓器に栄養を優先的に送ります。

生存に直接かかわらない肌や髪は栄養が後回しにされてしまうため、肌がボロボロになったり抜け毛や薄毛の原因になってしまうというワケです。

過度なダイエットは健康にもよくありませんので、注意しましょうね!

 

女性のヘアロスの治療方法

女性のヘアロスの原因が分かったところで、次はヘアロスの治療方法について詳しく見ていきましょう。

 

ヘアロスの治療には東京ビューティークリニックなど女性の髪専門クリニックの受診がおすすめ!

ヘアロスの対策として生活習慣を改善することも重要ですが、すでに抜け毛や薄毛が進行している状態で行っても改善が見込めないケースがあります。

症状が軽度であれば市販の育毛シャンプーや育毛剤を使うのも良いですが、より確かな効果を得たいのであれば東京ビューティークリニックなどの専門クリニックがおすすめです!

発毛効果の高い医薬品を処方してくれるため、市販薬に比べてより発毛効果を実感しやすくなっているんです。

 

まずは無料カウンセリングから

東京ビューティークリニック無料カウンセリング

東京ビューティークリニックでは、カウンセリングまでは無料で行っています。

薄毛治療の専門医師が髪や頭皮の状態の問診を行い、さらにマイクロスコープを使った頭皮チェックも行ってくれます!

自分が本当に薄毛なのか?それとも年相応の状態なのかを第三者の目でチェックしてもらえるので、それだけでも行ってみる価値があると思います。

 

東京ビューティークリニックの治療方法について

東京ビューティークリニックには11種類の治療法があるのですが、今回はその中でも患者さんの9割が選択するという治療法を2つ紹介します!

 

【オリジナル発毛薬リバースレディ】内服薬・外用薬両方からのアプローチ

リバースレディ

リバースレディは、東京ビューティークリニックがオリジナルで開発した発毛薬です。

タブレット(内服薬)とリキッド(外用薬)の2つを併用することで、内と外からヘアロス治療を行うことができます。

スピロノラクトンミノキシジルという2つの発毛有効成分を配合しており、市販薬に比べて発毛効果が高いです。

その他にも、発毛に効果があるとされる

  • ドロマイト
  • ビタミン
  • 焼成カルシウム
  • 亜鉛

などが配合されています。

実は東京ビューティークリニックの提携院であるAGAスキンクリニックで使われている「リバース」という男性用の発毛薬が、AGA治療に有効だと論文で認められたんです!

AGAスキンクリニック論文
出典:https://www.agaskin.net/paper

アジア人男性におけるAGA治療で、提携院のAGAスキンクリニックが行なっているRebirthとDr’sメソを併用した治療法が有効だと世界で認められました。東京ビューティークリニックHP

リバースレディまでは論文で認められてはいないのですが、成分はほぼ同じ薬なのでかなり効果が期待できる発毛薬であることが分かりますね♪

 

【Dr’sメソ】発毛成長因子を直接頭皮に注射

Dr'sメソ

Dr’sメソ(FAGAメソセラピー)は、毛根直下に直接育毛カクテルを注入する治療法です。

育毛カクテルには「ミノキシジル」や「発毛成長因子」がバランスよく配合されており、発毛に必要な栄養を補充します。

この治療法は現在、最も有効な薄毛治療として世界で注目を集めているんです。

オリジナル発毛薬とDr’sメソを併用することで、事実上99.4%の人に発毛を実感されているそうですよ!

 

 

ヘアロスの治療薬には副作用もあり

東京ビューティークリニックのヘアロス治療薬は医薬品なので、副作用の危険もあります。

治療薬によって起こる可能性のある副作用についても簡単に説明しておきます。

 

多毛症

多毛症とは、頭髪以外の体毛が濃くなってしまう症状です。

「眉毛」「腕毛」「すね毛」などの体毛が濃くなってしまいます。

体毛のどの部分が濃くなるかは個人差がありますが、薬の服用をやめれば多毛症は改善します。

 

初期脱毛

発毛治療開始後1ヶ月~1ヶ月半の期間で抜け毛が増えることがあります。

これは初期脱毛といって、乱れていたヘアサイクルが正常に戻るために起こります。

初期脱毛で抜け毛が増えたことが恐くなって治療をやめてしまう人もいるようですが、最終的に治療を続ければしっかり髪が生えてくるので安心して下さい。

 

動悸・頭痛・だるさ

ミノキシジルは血管を拡張して血流を良くする効果があるため、動悸が激しくなったり頭痛やだるさを感じることがあります。

高血圧や低血圧だと診断されている人は慎重に治療を行う必要があります。

 

ヘアロス治療の効果が現れるまでには6ヶ月~1年の時間がかかる!

ヘアロス治療を始めてから発毛効果が実感できるようになるまでには、最低でも6ヶ月~1年の時間がかかります。

今ある古い毛が抜けて新しい毛が生えてくるまでのヘアサイクルが1周するには3~4ヶ月の期間がかかるためです。

1~2ヶ月で治療を止めてしまうとせっかくの治療が無駄になってしまう可能性もありますので、発毛にはそれくらいの時間が必要だと思っておくのがよいですね。

 

まずは無料カウンセリングで気軽に相談してみましょう!

色々と説明してきましたが、カウンセリングまでであれば無料で行えるのでまずは一度クリニックを訪問してみるのがおすすめです。

ヘアロスに悩んで自己流の対策をするよりも、専門医に相談することで気持ちが楽になることもあります。

東京ビューティークリニックは提携院も含めると全国50院以上で施術が可能なので、あなたのお住まいの地域にもきっと通院しやすいクリニックがあると思いますよ♪

 

 

まとめ

今回は大久保佳代子さんのCMで話題になった“ヘアロス”について紹介させてもらいました!

現在では40代以上の女性の5人に1人が薄毛の自覚症状があると言われています。

更に日本の女性の1,700万人が薄毛に悩んでいるという統計もあり、薄毛に悩む女性が年々増えているという現状があります。

女性の薄毛統計資料

 

 

 

 

出典:https://www.reve21.co.jp/files/2017/NewsRelease_20171113_02.pdf

 

まだまだ馴染みが薄いクリニックでの「薄毛治療」ですが、確かな効果が実感できる医療行為であるという点からじわじわと人気が高まっています。

カウンセリングだけであれば無料なので、「私、もしかして薄毛かな?」と感じたらぜひ一度カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

あなたがヘアロスを克服し、自信を持って毎日を過ごすことができることを祈っています!

 

 
▼こちらの記事では、女性の抜け毛の原因と対策方法について紹介しています。

 

シャンプー選びに迷ったらどうしたら良い?


 

美髪の教科書では、全53商品のシャンプーの成分分析を行い、どのシャンプーにどんな成分が入っているか?アレルギーの危険はないかなど多角的な視点からランキング付けを行っています。

 

シャンプー選びに迷った際はぜひ一度チェックしてみて下さい♪

 

 

最初のコメントをしよう

必須