簡単にできる!アホ毛を抑える7つの対策とおすすめシャンプーまとめ

しっかりセットしたはずなのに髪の表面からアホ毛が出ていると憂鬱な気持ちになりますよね?

特にサラサラのストレートヘアに憧れている人の場合、ちょっと短い毛がはねているだけで気になってしまう人もいるかと思います。

今回の記事では、そんなアホ毛が出てしまう原因と対策方法、おすすめシャンプーについて紹介します。

アホ毛が気になっている人はぜひ参考にして下さい。

 

アホ毛ができてしまう原因


アホ毛とは、髪表面から飛び出ている短い毛のことをいいます。

まっすぐな太い毛もあれば、細い毛もあり、クニャクニャとうねる毛もあります。

アホ毛が飛び出てしまうのは、新しく生えてきた成長途中の毛だからです。

他の髪の毛に比べて短いため、表面から飛び出てしまうのです。

加齢や生活習慣の乱れなどがあると、栄養不足で細い毛になったり、うねりが出てしまうこともあります。

髪が成長していく過程でアホ毛はどうしてもできてしまうので、どんなに髪がキレイな人でもアホ毛はあるんです。

なので、「表面から飛び出せないようにする」ケアと「根本から治す」ケアとを両方行っていく必要があります。

 

アホ毛を抑える対策方法【スタイリング編】

まずは、スタイリングでアホ毛を抑える方法についてご紹介します。

お出かけ前にさっとアホ毛を落ち着かせたいときにおすすめです。

ドライヤーとトリートメントを使う


ドライヤーとトリートメントでアホ毛を抑える方法をご紹介します。

ある程度時間があるときには、髪を濡らしてスタイリングを行うと1日中アホ毛を気にせずに済みますよ。

  1. 髪表面を水スプレーなどで湿らせ、手でなでつけながら弱風でブローをします。
  2. 仕上げにアウトバストリートメントをつけて、表面を整えます。
  3. それでも飛び出るときは、濡らして硬く絞ったタオルで髪を包み、3分ほど放置します。

タオルで頬かむりをするように髪を包むとアホ毛がキレイに抑えられます。

 

コームとスプレーでアホ毛を抑える


次に、髪を濡らさなくてもよいアホ毛の抑え方をご紹介します。

用意するものはどこにでもある「コーム」と「ヘアスプレー」です。

やり方としては、コームにヘアスプレーを吹きかけてアホ毛が気になる部分の髪をとかすだけです。

直接ヘアスプレーを髪に吹きかけるわけではないのでベタつかないですし、スプレーの力でアホ毛を抑えることができます。

ヘアワックスでアホ毛を抑える


アホ毛が気になる部分にヘアワックスをつけてアホ毛を抑える方法もあります。

おすすめは、スティック状になっている「ウテナ マトメージュ まとめ髪スティック」です。

スティック状なので手を汚す必要がなく、アホ毛が気になる部分につけるだけで簡単に抑えることが可能です。

 

アホ毛を抑える対策方法【ヘアケア編】

次に、アホ毛を根本からケアするヘアケアの方法をお伝えします。

すぐに効果が出るものではありませんが、毎日のケアを続けることでアホ毛が出にくくなります。

 

シャンプーを刺激が弱いものに変える

市販の薬局やドラッグストアで販売されているシャンプーの多くは、「高級アルコール系」と呼ばれる洗浄成分を使用しています。

この洗浄成分は洗浄力が高く泡立ちも良いのですが、髪への刺激が強くダメージを与えやすいというデメリットがあります。

洗浄力の強いシャンプーがアホ毛の原因になっている可能性もあるため、シャンプーを変えることでアホ毛を減らすことができる可能性があります。

おすすめなのは髪への刺激が弱いアミノ酸シャンプーです。

価格は多少高くなってしまいますが、洗浄力がマイルドで保湿力も高いためアホ毛を抑えてくれる効果が期待できますよ!

カリスマ主婦
カリスマ主婦
毎日行うヘアケアであるシャンプーを見直すことで、アホ毛のないキレイな髪に近づくことができるわよ!

▼髪に優しいアミノ酸シャンプーのおすすめはこちらの記事で紹介しています。

 

ドライヤーの仕方を見直す


シャンプーと同じく、ドライヤーの仕方もアホ毛対策に重要です。

ドライヤーの熱によって髪がダメージを受けて切れてしまう「切れ毛」で短い毛が飛び出してしまうこともあります。

正しいドライヤーのプロセスとしては、

タオルドライ→アウトバストリートメント→HOTの強風で髪の根元から乾かす

→「乾いたかな?」と思ってから1分長めに乾かす→冷風でキューティクルを引き締める

という流れになります。

アウトバストリートメントをドライヤーの前につけることによって熱による髪のダメージを防ぐことができます。

また、乾かしたつもりになっていて完全に乾いていなかった、という状態だと髪のキューティクルが開いたままの状態になってしまいます。

すると、寝ているときの摩擦やこすれで髪がダメージを受けたり、キューティクルが開いて表面のツヤやなめらかさがなくなってしまうのです。

「乾いたかな?」と思ったらもう1分長めに髪を乾かすことで、髪が形状記憶されてアホ毛をキレイに抑えることができます。

▼こちらの記事でも正しいドライヤーブローの方法を紹介していますので、参考にして下さい。

 

アホ毛を目立たせない髪型に変える


段の入っていないストンとした髪型だと、どうしてもアホ毛が目立ちやすくなっています。

レイヤーを入れて短い部分を作ると、飛び出す毛がなじみやすくなっておすすめです。

また、ゆるいストレートパーマを全体にかけることによっても飛び出る毛が下方向に落ち着きやすくなります。

あるいは全体にゆるいパーマをかけても、髪の毛が飛び出していてもピンピンした感じがなくなって目立ちにくくなります。

 

外的ダメージを減らす


髪の毛に外的なダメージが加わると、髪の成長が阻害されたり髪の毛が切れたりしてアホ毛が目立ちやすくなってしまいます。

以下のようなことが髪のダメージの原因になりますので注意しましょう。

[surfing_su_box_ex title=”主な髪の外的ダメージ” box_color=”#ff78df”]
  • ドライヤーによって髪が高温になりすぎる
  • ヘアアイロンでの熱ダメージ
  • ブラッシングによる摩擦
  • 紫外線によるダメージ
  • ポニーテールによる結んだときの引っ張り
[/surfing_su_box_ex]

ドライヤーは髪から15cmくらい離して使用し、常に動かして熱ダメージを与えないようにしましょう。

同じくヘアアイロンもなるべく一回でまっすぐにするようにして髪へのダメージを減らします。

最近では髪のUVカット用の日焼け止めスプレーも販売されているので、使ってみるのもおすすめです。

5~8月は紫外線が特に多い季節なので、紫外線による髪のダメージに注意しましょう。

 

アホ毛を抑える対策方法【生活習慣編】

栄養バランスのとれた食事を心がける


髪の毛は食べ物から作られるため、栄養が足りなくなると髪の毛の成長が遅くなってアホ毛になりやすくなります。

ファストフードやコンビニ食など、栄養バランスが偏った食事を続けていると髪の毛の成長を妨げてしまうため注意しましょう。

「たんぱく質」、「亜鉛、鉄、銅などのミネラル」、「ビタミンB群、A、E、C」が髪の成長に特に重要です。

肉や魚、野菜や海藻、ご飯などをバランス良く食べることが強い髪を作る秘訣になります。

▼こちらの記事でも、髪にいい食べ物について紹介していますので、参考にして下さい。

 

睡眠をしっかりとる


髪が成長するために必要な成長ホルモンは、睡眠中に最も分泌されます。

そのため、睡眠時間が短くなったり、不規則な睡眠になってしまうと髪の成長が阻害されてアホ毛が目立ちやすくなります。

髪の成長が活発化するのは、午後の10時から午前2時ごろだと言われています。

育児や家事に追われているとなかなか睡眠時間が取れない人も多いと思いますが、なるべく日付が変わる前にベッドに入り、6~7時間の睡眠時間を確保するのを心がけましょう。

 

アホ毛を抜くのは絶対にNG


アホ毛がみっともないからといって、抜いてしまうのは絶対にNGです。

髪をひっぱって抜いてしまうと毛根がダメージを受けて、二度と生えてこない可能性もあります。

また、1つの毛根からは2~3本の髪の毛が生えているので、アホ毛を抜いてしまうとアホ毛以外の髪も抜いてしまいます。

アホ毛は抜くのではなく、ドライヤーや手ぐし、アウトバストリートメントで落ち着かせるのがおすすめです。

 

アホ毛対策のためのおすすめシャンプーランキング

1位.haru kurokamiスカルプシャンプー

haru kurokamiスカルプシャンプーは、忙しすぎる主婦のために作られたアミノ酸シャンプーです。

2018年にリニューアルされたばかりで、配合成分がよりパワーアップしています。

4種類のアミノ酸洗浄成分と天然由来の保湿成分により、アホ毛ができにくいしっとりサラサラの髪に仕上がります。

リンスがいらないオールインワンシャンプーなので、ヘアケアの時短になるのも嬉しいポイント♪  

 

 

2位.MICHIRUNO PRO-Ⅶ

青山の有名ヘアサロン「ZACC」で実際に使われている業務用サロンシャンプー。

圧倒的なクオリティにより、くせ毛やダメージヘアに作用してサラッとまとまるツヤ髪に仕上げてくれます。

お値段はかなり高くなってしまいますが、本物志向で良いものを使いたいという女性におすすめのシャンプーです!  

 

3位.ハーブガーデンシャンプー

シャンプーの基礎となる水にハーブウォーターを使用した100%天然由来のオーガニックシャンプー。

ノンシリコントリートメントで髪の芯から潤いを閉じ込めることができます。

かなりしっとりとした仕上がりなので、髪の乾燥・パサつきに悩む女性におすすめのシャンプーです♪

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はアホ毛の原因と対策方法について紹介させていただきました。

きっちり髪をセットしても、ピョンピョンとアホ毛が飛び出しているとみっともないですよね?

アホ毛は抜いてしまうのではなく、スタイリングやスプレー、クリームで抑えるのがおすすめです。

髪の成長を妨げないためには、日々のヘアケアや生活習慣にも気をつける必要があります。

今回の記事を参考に、あなたもアホ毛を抑える方法を実践してみて下さい。

シュフデレラはあなたのキレイを応援しています。

▼こちらの記事ではシャンプーの選び方について詳しく紹介しています。ぜひ参考にして下さい。

▼髪への刺激が少ないシャンプーを探しているのであれば、こちらの記事が参考になります。